MENU

チャンジャーハン11/23ブログ&ツイッター更新!特別な日の投稿は「現実と夢~機会がないなら扉を作れ」

みなさま、「今日は、初めて李学政氏がハンハンの事件に異議を唱えてくれた記念日」です。

※2021年11月23日=中国演出業協会が公式ブログで「悪性芸能人リスト」を公開、その中にチャンジャーハンの名前が書かれたことで「事実上の芸能界永久追放」通知を出された日です。このこと自体はものすごく悲しい出来事でしたが、このリスト入りに疑問を感じた李学政氏が、初めて異議を唱えてくれたことで「正義の戦い」が始まりました。李学政氏のおかげで初めて「不正との戦い」が始まったといっても過言ではない、記念日です。

>>当時の話は以下の通り。
8月事件のその後「チャンジャーハンの最新警告リスト入り」に、業界実力者が異議申し立て!裁判も?!

「チャンジャーハンは何に違反したのか?彼に代わって告訴する」中国TV協会の李学政副会長WEIBO和訳①

そんなわけで、もしかすると、ハンハンが何か投稿してくれるかも!と期待してたんですが…
なんと! 本当に、今日投稿をだしてくれました♡

左:趣味のツイッターの通知スクショ 右:ウイチャットブログの目次:前回の8月2日から約3か月ぶりの更新です!

久しぶりのブログ&ツイッター更新…ハンハンの言葉がぎっしり詰まってます。
全文和訳でお届けします。ぜひ読んでみてください😢

※今日夜、ついに、虎PDがウエイボーから「投稿禁止」されました(;´д`)トホホ
とはいえ、PDも「黄少華が李学政氏を脅した投稿をした」ときから予測していたこと。正義の追及が止まるわけではないので、みんな心配しないで!という海哲さん&関係者の投稿もたくさん出ています。
本件も一番下でご紹介します

目次

チャンジャーハン11/23ブログ&ツイッター更新!「現実と夢」

まずは、ハンハンが「张三坚(チャンサンジャン)」というペンネームで書いてるブログから。

今回のブログは、映画「フォレストガンプ」のレビューを書いてるのだけど…
本文中、あちこちに、いまのハンハンの気持ちが込められた箇所が出てきます。

特に最後の部分、必読です。ぜひお目通しください😢
全文和訳でご紹介します。

(少々へんてこな箇所があるかもしれません。そのあたりはご容赦ください(^-^;)

チャンジャーハンブログ「现实与梦想(現実と夢)」全文和訳

現実と夢
2022-11-23 13:00

人生は鏡のようなものです。 現実と夢は鏡の表裏であり、一見正反対のように見えますが、相互に依存しています。私たちは若くて軽薄で、夢を実現し、夢に向かって生きるようにと、脅かされています。

しかし、現実はしばしば私たちの夢を打ち砕き、夢は手の届かないところにあるとブーイングします。そして徐々に、人々は無感覚になり、心が冷たくなります。

奈落の底に身をかがめ、泥沼に身を沈め、ため息をつく:夢が夢と呼ばれる理由は、現実の鏡で自分自身を見て、自分自身を憐れむ、自己欺瞞的な想像力に他なりません。

ずいぶん前からこの映画の感想を書こうと思っていたのですが、いろいろあって先延ばしにしてしまい、昨日映画を見直しても何度か中断されました。この言葉を読んで、言い訳をしていると思う人もいるかもしれません。確かに言い訳をしていると疑われますが、これも現実です。認めますが、敗北は認めません。これで現実をうち壊すことはできません。デスクに戻り、この記事を入力しましょうか?

今日の映画レビューは、私の心の中で非常に優れた映画「フォレスト・ガンプ」に敬意を表するものです。 この映画を「現実と夢」の視点から分析し、なぜ1994年に公開されたこの映画が人々の心に残る名作になり得たのかについて、私なりの小さな見解を述べたいと思います。

映画は第一の夢です。俳優は、セットで一日中、光、雨、完璧な夕日を待ち、画面上での一瞬を演じるためだけに、実際のシーンで何時間も、時には何日も待ちます。ある週末、観客は家族の些細なことや、仕事の煩わしさから脱し、映画の時間を開き、武侠の刀光剣影や、ヘップバーンのローマの休日の世界に足を踏み入れます。

体を体の外にして夢の中で夢を見る(※)映画は、常に私たちの夢を運んでいるように見えました。現実はこのようにあまりにも残酷で、夢はまだ手の届かないところにありますが、優れた映画は、夢と現実の距離を夢のように縮め、人生と向き合う力を与えてくれます。夢を追いかける道に、飽きることはありません。

※ハンハンが歌ったことがある曲「映画製作者へのラブレター」の歌詞の一節を引用したそうです。

フォレスト・ガンプは第二の夢です。 映画の冒頭のロングショットでは、羽根が風になびいて、ゆっくりとフォレストガンプの夢の国に連れて行かれます。

フォレストガンプの使い古した靴に羽根が落ちました。歩いたり捨てたりする代わりに、彼は腰をかがめてそれを拾い、慎重にノートにはさみました。彼が人生の忘れられない小片をアイテムのコレクションに集めるのが好きだということを理解するのは難しいことではありません。人生を愛する人だけが人生の幸運を大切にします.

すべての見知らぬ人が彼のそばに座ったとき、彼は自分のチョコレートと母親の言葉を共有しました.

「人生はチョコレートの箱のようなものです.
あなたは自分が何を手に入れようとしているのか決してわかりません.」

この文は映画の古典的なセリフの1つになっていますが、
フォレスト・ガンプの心の中では、それはただの母親の言葉でした.

彼の観点からすると、自分の収穫と愛を見知らぬ人と分かち合う、この小さな親切な行為は、実際には十分に素晴らしいものです。

映画の中のフォレスト・ガンプの物語が「夢」を運ぶとすれば、彼に近い人々は「現実」を背負い、その夢を守っています。
知能の低いフォレストガンプが学校に通うためには、母親は「休暇」を選ばなければなりませんでした。そして、スクールバスのほぼ全員に断られたフォレストガンプは、天使のようなヒロインと出会います。

フォレスト・ガンプが走る能力を持っている理由は、幼い頃、常に軽蔑されいじめられていた彼に、ヒロインの「フォレスト・ガンプ!走れ!」という声が、走る勇気を与えたからです。人の才能は、多くの場合、苦しみから生まれます。

フォレスト・ガンプが一筋の光のように生きることができたのも、彼の偉大な母親と小さな天使たちが、彼の幼少期を暖かく見守ってくれたからです。

映画の登場人物は皆、それぞれの夢を持っています。

ヒロインの夢はいつかステージに立って注目を集めること、フォレスト・ガンプの親友ババの夢はエビ船を所有すること、
テイラー警部補の夢は国のために死ぬことです。しかし、一度も夢を口にしたことのないフォレストガンプは、すべてを実現してしまいました。

それはただの夢ではありません、
ヒロインはあなたが愛が何であるかをまったく知らないと言いました.
実際、この質問をすると、あなたは愛が何であるかを知っていますか?

愛について何も知らないように見えるフォレストガンプが、より上手に愛する方法を知っているのは、母親が彼に十分な安全と愛を与えたからだと思います。愛とは一種の永続的な交際であり、ただ見つめ合うだけでなく、同じ距離を見つめることでもあります。

ヒロインがこう彼に尋ねました「私たちが何を祈ったか覚えていますか?」
鳥になれば遠くまで飛べるようにと、私たちはよく祈っていました。

フォレスト・ガンプでは、ヒロインがフォレスト・ガンプから離れたいといつも思うのと同じような夢を見ます。なぜなら、彼は私たちができないこと、つまり優しさとシンプルさを保つことができるからです。

あなたはそれをすることができません、あなたは恥ずかしくて去りたいと思うかもしれません、それがジェニーがフォレスト・ガンプから去りたい理由です。

実際、この映画を何度も見ているうちに、私の心の痛みはぐるぐる回り続けました。
この映画は、多くの人にインスピレーションを与えますが、その核心は深く悲しいものです

フォレスト・ガンプは生まれた時から知的障害と判断され、学校に入学させられた母親の恨みを飲み込み、憧れの少女の尊厳は夢の途中で踏みにじられ、異国で親友の弟を亡くし、憧れの将校から長い間恨まれていました…。周りの親戚は次々と彼を置き去りにしたので、彼は前に走ることしかできませんでした。

これがラブストーリーだとすれば、この愛は、女性を愛する方法を知らない男性のように、悲しみに満ちているに違いありません。彼は子供のように無邪気でした。女性の不幸な子供時代と成長の傷跡は、光のように生きた男を無意識のうちに避けました.

私はロマンチックだけど、悲しい考えを持っています、
何度も何度も彼の努力と粘り強さは、彼女が、群衆の中で彼の存在に気付くことができるように。
より高い地面に立つことができるようにするためのものです.
一度で十分でない場合は、もう一度、もう一度。次は彼女が離れないかもしれません。

現実は第三の夢です。
以前は「理想」という言葉を使った方が合理的で客観的なように思えますが、「夢」は、冷たい現実に直面しても夢を見て、狂った本能を保持する権利を与えてくれます。

ある時点で、私たちはフォレスト・ガンプのようになるかもしれません。
なぜ走るのか、走る目的地はどこなのか、人生の意味はわからないのですが、走るのをやめてはいけません。
あなたの道を見つけるために走り続けてください。

強く生きてこそ、運命に奪われたものは、中尉の「足」(※1)のように別の形で返ってきます。

梅长苏(※2)の言葉を引用すると、「私は生き残ったので、無駄に生きることはできません」

※中尉の足:フォレストガンプに出てくるダン中尉はベトナム戦争で両足を失っています。ここでは義足のことを指していると思われます。
※《琅琊榜》の主人公です。ハンハンが梅长苏(ばいちょうそ)の青年時代を演じました😢

「フォレスト・ガンプ」の映画全体には、大きなオープニングとクロージングの筋書きや、激しいのどの渇きを吐露する争いはありません。ただ優しさの中に悲しみが流れています。

夢が現実に没頭するように、
フォレスト・ガンプが再びスクールバスに乗り込むように。
最後に再び舞い上がった羽根が風に乗って人々の心の中に落ちて、人々の心の中に、信念をよみがえらせます。

現実と夢はまだ量子的に絡み合っていますが、
私たちは依然として元のままの私たちであり、星を見上げれば、道に迷うことはありません.

“If opportunity doesn’t knock, build a door.”
「もし機会が訪れないなら、扉を作るんだ」

原文サイトはこちら

※以下、原文のスクショもおいときますネ♪

今日のハンハンのエッセイで思うこと「ファンへの励まし…そして自身の強い決意」

ハンハンが書いた、今日のエッセイ。
またしても、私たちを励ますような言葉でいっぱいでしたネ…(´;ω;`)ウッ…

(彼はずっとエッセイで、ファンを励ますような文章を書き続けています)

励まされるべきはハンハンのほうなのに、それと逆に、ファンを励ます言葉をかき続けるところ。
本当にすごいと思うのと同時に、実は、自分自身への言葉でもあると思う…

そんな言葉がたくさん 含まれていました。

愛について何も知らないように見えるフォレストガンプが、より上手に愛する方法を知っているのは、
母親が彼に十分な安全と愛を与えたからだと思います。
愛とは一種の永続的な交際であり、ただ見つめ合うだけでなく、同じ距離を見つめることでもあります。

私はロマンチックだけど、悲しい考えを持っています、
何度も何度も彼の努力と粘り強さは、彼女が、群衆の中で彼の存在に気付くことができるように。
より高い地面に立つことができるようにするためのものです.
一度で十分でない場合は、もう一度、もう一度。次は彼女が離れないかもしれません。

フォレストガンプのレビューを書きながら…自身を反映させているような箇所がいくつもありました。

そして 現実を語るとき。彼は、これからのことを語りました。

なぜ走るのか、走る目的地はどこなのか、人生の意味はわからないのですが、走るのをやめてはいけません。
あなたの道を見つけるために走り続けてください。

強く生きてこそ、運命に奪われたものは、中尉の「足」のように別の形で返ってきます。
梅长苏の言葉を引用すると、「私は生き残ったので、無駄に生きることはできません」

運命(813)に奪われたものは…別の形で返ってくる。
私は生き残った! 無駄に生きることはできません…

私たちは依然として元のままの私たちであり、星を見上げれば、道に迷うことはありません.
“If opportunity doesn’t knock, build a door.”
「もし機会が訪れないなら、扉を作るんだ」

↑これほど力強い言葉があるでしょうか…
こう力強く宣言できるほど 彼はすでに前を向いて前進しています。

今の状況を嘆くのではなく、こういうことがあったから、より強くなって前に進む!
そういってるように見えて仕方なかった…(´;ω;`)ウッ…

読みながら…この1年のことが走馬灯のように 思い浮かぶようでした。

この1年。本当につらかったし、彼を陥れた人物・勢力を絶対に忘れないし、絶対に許さないけど…
悲しい事件に立ち向かう中で、かけがえのない人にも出会えました。

去年の今日。いまや力強いサポーターになってくれた李おじさんが、現れてくれた日です。

“If opportunity doesn’t knock, build a door.”
「もし機会が訪れないなら、扉を作るんだ」

↑いま まさにその李おじさんと一緒に、その扉を作ろうとしてるハンハン。
私たちは、同じ星を見上げて道に迷うことなく、一緒に歩いていけばいい。(´;ω;`)ウッ…

11月23日を、禁止例出た悲しい日ではなく、李学政氏と会えた「素晴らしい日」に上書きして…
ハンハンが晴れて汚名を晴らせる日が必ずやって来ると信じましょう♡

来年の11月23日は、新しい扉を開けたハンハンに、きっと会えてるはず。
その日が来るのを 心待ちにしています!

チャンジャーハン(张三坚)ツイッター更新の記録

さて!ハンハンが投稿してくれたツイッターのほうも記録しておかねば…!

现实与梦想(現実と夢)

今日の映画レビューは、私の心の中で非常に優れた映画「フォレスト・ガンプ」に敬意を表するものです。
この映画を「現実と夢」の視点から分析し、なぜ1994年に公開されたこの映画が人々の心に残る名作になり得たのかについて、私なりの小さな見解を述べたいと思います。

“If opportunity doesn’t knock, build a door.”
「機会が訪れないなら、扉を作れ」


投稿元リンク先はこちら

ツイッターの投稿文には、
特に、みんなに伝えたい言葉を書いてると思うんですが…

“If opportunity doesn’t knock, build a door.”
「もし機会が訪れないなら、扉を作るんだ」

今回ハンハンが選んだ言葉が これでした↑。

(なんか 見れば見るほど 力がわきますネ…その扉! 絶対作れますよww)

あと ツイッターの海哲さんからのおまけ。
本文中でも注釈させていただいたんですが… ハンハンが使った言葉に 歌の一節がありました。

体を体の外にして夢の中で夢を見る(※)映画は、常に私たちの夢を運んでいるように見えました。

ハンハンが歌ったことがある曲「映画製作者へのラブレター」の歌詞だった…
ということで… 動画もおいときますネ。よかったら聞いてみてください😢

▶20210612 微博電影之夜-张哲瀚 演唱《給電影人的情書》官方版

上の動画がうまく表示されていない方はこちらから直接YouTubeに飛んでくださいww

ハンハンの声って ほんと 癒されますね😢

チャイニーズスターニュースも登場!「チャン・ジャーハン は次のように述べています」

あと…すごい久しぶりに、チャイニーズスターニュースの動画NEWSが出ましたよ(;・∀・)
最近全然、ハンハンのニュースが出なかっただけに びっくりですww

※内容は、サンジャンブログの内容翻訳だけなんですが、記念においときます※
※設定で「日本語」表示できます※

▶チャン・ジャーハン は次のように述べています

※上の動画がうまく表示されていない皆様は こちらから直接飛んでくださいww

余談ですが…チャイニーズスターニュースは、「チャンサンジャンは偽物だと」いうカップルファンの攻撃が非常に激しかったとき(今年3月)に、いち早く、「いろいろな意見があるのは承知していますが、彼はチャンジャーハン本人だと確信しています」といってくれたメディアです。そういう意味でもすごく印象的なメディアでした。このチャイニーズスターニュースには、感謝の言葉しか浮かびません。

チャンジャーハンインターナショナルFBチームからのレポート

さて!今日はFBチームからも残しておきたいレポが出てるんですよ…
どどーっといきますネww

FBチームレポ①「チャンジャーハンにとって唯一の選択肢は、虎PDと李学政氏が導いている道を継続することです」

中国内の海哲内でいろいろな意見が出てる件で、改めての一文です。
「チャンジャーハンにとって唯一の選択肢は、虎PDと李学政氏が導いている道を継続すること」


上はFB自動和訳のスクショです。以下は、精査した和訳です

正義への近道はない
ついに、813に関与したいくつかの腐敗した要素が暴露され、現在警察によって調査されています.
この結果、多くの人々は、これがチャンジャーハンの正義のための戦いに迅速な結果をもたらすことを望んでいます.

カムバックをより積極的に準備し、新曲を国際的なプラットフォームでリリースするか、
中国を離れて他の場所でキャリアを続けることを要求する人さえいました。

しかし、後者は チャンジャーハンの選択肢ではありません。
理由を説明しましょう。

虎PDはその理由を次のように説明しています。

「腐敗した個人を倒すということは、その人がした悪いことをすぐに正すという意味ではありません。
たとえ腐敗した要素が悪いことをしても、私たちは「手順」と「規則」を厳粛に守ります。
悪行を正そうとすれば、より複雑な行政手続きが必要になり、法的手段でも徐々に解決しなければなりません。」

チャンジャーハンの現状は?

1、チャンジャーハンは中国のすべてのプラットフォームでまだ禁止されています。彼には働く権利がありません。

2, 彼にはファンベースがあり、現在はファッションを売っていくらかのお金を稼いでいます.
彼のマネージャー 謝伊華なら、連絡先を通じていくつかの音楽を録音するだけで(海外への配信をする能力も)十分ですが、彼は海外チャンネルを通じて音楽をリリースしたくありません。彼のファンベースは中国本土にあります。

3、チャンジャーハンは愛国者です。彼と彼の家族は、中国政府と法律をしっかりと支持することを決めたので、現在の「反腐敗」が彼が進む唯一の方法です。さらに、彼の純真さを取り戻したければ、近道はありません。現在の道を進むしかありません。

単純に、とにかく稼ぐということも考えられる中、彼の無実を晴らすことを最優先するなら、虎PDと李学政氏の関係者だけが誠実で、見返りを求めずに彼を助けてくれます。

彼の現在の選択は、彼が資本によって称えられる道を繰り返すのではなく、党と国、公安法、そして、虎PDと李学政氏に対する揺るぎない信念を第一に置いていることを証明しています。

海哲の姉妹は次のように述べています。

「紛争のさなかでは、中国は根まで腐った枯れ木だと信じて、それを燃やして最初からやり直したいと考えている人もいます。しかし、チャンジャーハンや他の多くの人は、腐った木の上でも、新しい枝を育てて、花を咲かせることができると信じています」

チャンジャーハンにとって唯一の選択肢は、虎PDと李学政氏が導いている道を継続することです。

「自分自身を傷つけた腐敗した要素の悪行が明らかになると、被害者と正義のサポーターたちは当然幸せになります。
重要なことは、人々が希望を見ることです。より多くの腐敗した要素が引き続き発見されるでしょう。人々に力を与えてください。悪の勢力に立ち向かう限り、勇敢に戦う限り、善良な人々が必ず勝つでしょう!」

チャンジャーハンは、自転車旅行についてのビデオで、風がどこから吹いても自分の道を知っていると語っています。
私たちは彼のファンです。
私たちは彼の決断を支持し、彼の側で戦います。

なぜなら
HZ(海哲)❤️ZH(チャンジャーハン)
海哲は、チャンジャーハンを愛しているからです。

<添付資料と、その和訳>

正直なところ、彼と契約を結びたいという資本はたくさんありますが、それらの資本は彼が無実を取り戻すのを助けることを考えていませんでした.それらの資本の希望的観測は、彼を使ってお金を稼ぐことです.
小哲は、日本や台湾など、本土以外の市場でも非常に人気があります。

どの国にいようと、公正と正義と司法の独立は当然のこととは考えられないことを、誰もが理解しなければなりません。 (…) ゴールデンシールド(金盾)は、映画やテレビで人気があるため、影響力があります。

ドラマの人気の原因は、公安法と大いに関係があります。 (…) また、純真さを取り戻したいなら、近道はありません。現在の方法のみを使用できます。単純に金儲けも考えられますが、彼の潔白を最優先するなら、虎PDと李氏の関係者だけが誠実で、見返りを求めずに彼を助けてくれます。

彼の現在の選択は、資本によって研ぎ澄まされた道を繰り返すのではなく、党と国、公安法、虎PDと李氏に対する揺るぎない信念を第一に置いていることを証明しています。

虎PDの投稿:22-11-21

堕落した個人を倒すということは、その人が行った悪いことをすぐに正すという意味ではありません。たとえ腐敗した要素が悪いことをしても、私たちは「手順」と「規則」を厳粛に守ります。悪行を正そうとすれば、より煩雑な行政手続きが必要となり、法的手段でも徐々に解決しなければなりません。

たとえば、黄X華が倒れたとき、なぜ彼らはすぐに犯罪を正さなかったのですか?
それは彼が小さな役人だったからではなく、問題を解決するためにより大きな腐敗した要素を殺し続けなければならなかったからでもなく、彼があまりにも多くの悪いことをしたからです。

どの間違いを修正できるか、どの問題を解決するために他の部門の協力が必要か、これらすべてには多くの時間がかかります。しかし、文化的悪の力を保護する傘として、彼の転落は肯定的な重要性を持っています。

まず第一に、法律と道徳は、法律を破る者は誰でも法的責任を負うことを再び警告しています。
繰り返しになりますが、多くの犠牲者に希望をもたらしました。
(…)。

犠牲者と正義の勢力は、自分自身を傷つけた腐敗した要素が発見されたとき、当然喜んでいます.
重要なことは、人々が希望を見ることです。

より多くの腐敗した要素が引き続き発見されるでしょう。同時に、人々に力を与えてください。悪の勢力に立ち向かう限り、勇敢に戦う限り、善良な人々は必ず勝つでしょう!

原文サイトはこちら

そうなんですよね…😢 去年からツイッター上でも「中国から出て、ほかの国での活動」を勧める人もたくさんいたのを覚えてるのだけど… 彼はそれを望んでない。

その理由は、もちろん彼のベースは中国にあるし、お母さんや親せき、友達、ファンを捨てるというのはあり得ない…。
当然といえば当然だし、それ以上に、無実を勝ち取らずに海外にいっても、妨害されるのは間違いない。

※中国内に配信できない作品を作りたがる会社はないだろうし…
中国市場から締め出されるような脅迫を受けたら、たとえ海外の芸能会社でも、おいそれとは手が出せないのでは…

それに、そもそも無実なのに、悪徳役人や悪徳企業、悪徳な元同僚をそのままにできませんよね😢

FBチームの〆の言葉に また感動しちゃいましたよ…(/ω\)ww

チャンジャーハンは、自転車旅行についてのビデオで、風がどこから吹いても自分の道を知っていると語っています。
私たちは彼のファンです。私たちは彼の決断を支持し、彼の側で戦います。
なぜなら HZ(海哲)❤️ZH(チャンジャーハン)
海哲は、チャンジャーハンを愛しているからです。

↑深く共感しました…素敵な言葉 ありがとうございます!!

FBチームレポ②「かつてハンハンが涙を流した甥っ子との再会」

そして2本目。わたし、この写真、古い写真だと勘違してたんですけど…この前 ハンハンが故郷に帰った時の写真だったことが判明して ひっくり返りました…Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

チャンジャーハンの人生で最悪の日のひとつは、この小さな男の子が抱きしめられるのを拒否したときでした。
彼の幼稚園の先生がチャンジャーハンは悪い人だと彼に言ったからです。

その日、ジャーハンは自分の部屋に入って泣きました。
今日、彼らは再び幸せに再会しています。
写真はチャンジャーハンがライブで歌った619バーに、彼と彼の友人が行く前に、チャンジャーハンの故郷で撮影されました。物事は改善されており、正義はゆっくりかもしれませんが、最終的には来るでしょう!
必ず正義が勝つから。

原文サイトはこちら

この話…(´;ω;`)ウッ… 何のことかというと…

去年、李おじさんが公開してくれた「ハンハンママが書いた手紙に書かれてた話」なんですけどネ…
ハンハンがかわいがってる甥っ子が「おじさんは悪い人だ」と言われたときに、部屋にいって泣いたって…
(もうこの手紙を初めて見たときは胸がつまって仕方なかったです😢)

その部分だけ、ご紹介すると以下の通り。 

母親として息子がこのように汚名を着せられたことは本当に納得できません。
彼はまだ30歳ですよ!彼の事業と将来は3年余り前の写真数枚で台無しになりました!
それだけでなく、他人の冷たい視線と悪口の中で生きなければならないんです。

今回、帰宅して会った彼は”お母さん、30歳にもなって心配させて恥ずかしい”と涙を流したが、”何を泣いているの?体は大丈夫?”と話しました。彼の健康に対する楽観主義は私にとって最大の慰めです。

しかし、彼がお気に入りの幼い甥は四歳に過ぎないが、あえて彼と向き合わず、おじさんを悪い人だと言って顔を覆って見向きもしなかった。息子はその状況を見た瞬間、部屋で隠れて泣いて、涙を流しました。

普段は本当に強い人だが、この瞬間だけは本当に崩壊しました。私は母親として目にあまり、胸が張り裂けそうになり、その瞬間、私の心が引き裂かれたような気がしました。

去年の投稿で紹介しています 詳細は>>この3か月の苦痛と悲しみ…「チャンジャーハンのお母さんの心の声全文」李学政12/3のウエイボー投稿

今思い返してもつらいです…(´;ω;`)ウッ…

↑FBチームの投稿コメントに 幼稚園の先生に怒ってる人が多くてこれも同感でした…
4歳の子になんてこというんだ… 教育者失格といってもおかしくない…(;´д`)トホホ

とにかく、そんな甥っ子を抱っこした写真が、これだったわけで…

ハンハンにとって すごく幸せな時間だったんじゃないかな…と思います…😢

 この日たくさん幸せなことがあって 本当によかったです😢

虎PD、ウエイボーから「禁止」される…月光寒影さんの投稿

さて…最後はPDの話…(´・ω・`)
夜になってからの禁止で、やっぱり第一報を見たときは ガーンでした…

関連法規に違反したため、ユーザーは現在禁止されています

…関連法規って なんすか…Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

…と思わず突っ込まずにいられないのだけど…この間、業界の闇や腐敗役人について糾弾し続けてくれたPDですから…予想されたことではあります…(腐敗役人はまだまだ残ってるでしょう…(;´д`)トホホ)

ツイッターの代表的海哲さんの投稿
虎PDはミュート(投稿禁止)されました。 明らかに彼らは11/23までわざと待っていた。
@CAPA_北京 不当な禁止リスト)。
しかし、心配しないでください。PDは、これを予期していたことをすでに何度も述べており、CAC(=中国サイバースペース管理局)のような場所に残っている腐敗した役人を見つけるのに役立つだけです投稿元リンク先はこちら

CAPA(中国演出業協会)が、11/23まで待ってた…という指摘には驚くのだけど…
(上の@は、なんと中国演出業協会の公式ツイッターですよ…そんなのあったんか…)

今回、PDを禁止したのが誰なのか?
それをたどると、残存している腐敗役人につながる…と書いてくれています…(´・ω・`)

そして、PDの投稿禁止の話に月光さんの投稿も登場。

月光さんの投稿①「PDが禁止されましたが心配しないでください」

監督は昇進しました。みんな心配しないでください。
各種のランウェイとシャオリンの妹はまだそこにいます。
次に面白いシーンもあるし、ネタバレしたら面白くないので
みんなゆっくり見守ってください。


意味:虎PDはミュート(投稿禁止)されましたがみんな心配しないでください。
金盾やドラマのアカウントや、シャオリン(李おじさんの秘書的な女性)もまだいます。
ネタバレをするのは面白くないので、
次は良いショーが来るでしょう。みんな気長に見守るだけです。

投稿元リンク先はこちら

PDの禁止期間が、1か月なのか 3か月なのか…
そのへんはナゾなのだけど、まだ他に発信するSNSがありますよね…😢

この月光さんの投稿についてたコメントに こんなのがありましたよww

監督が🈲されたので、次はどこを見ればいいですか?お二人をフォローしました
22-11-23上海発 20:44

月光寒影:金盾云学院,巡回检察组
22-11-23上海発 20:45

まさに 李おじさんの会社アカウントと、最近戻っていたドラマアカウントです( ̄∇ ̄;)ww
もちろん 月光さんや、上海成雨さん 李天先生、最近登場した司馬南氏も…
とにかく元気出していきましょう!!

月光さんの投稿②「水ガラス(ゴンジュン)の漫画は放映できず、収入源の 1 つが断たれました」

あと月光さんの投稿、ゴンジュンの話が出てるので、もう1本ご紹介します。

水ガラス(ゴンジュン)の漫画は放映できず、収入源の 1 つが断たれました。
2つ目は塩の交換ですが、あるクローマシンの問題はもっと複雑で、はっきりと説明するのは難しいので、それについては話さないようにしましょう。

何人かの友人は、水カラス(ゴンジュン)がまだ水(水軍)を買っているのを見て、
水カラスにはまだ制限がないのではないかと、少し心配していました。

なぜそんなに急いでいるのか?
水(水軍)を買わせて、もっとお金を使わせて、早く貧しくなればいいのではないか。

それが水(水軍)を買いたがっているなら、あなたはそれを止めてはいけませんが、それを笑ってはいけません。
もっと買って、去年の姿勢を出してもらいましょう。

風向きは大昔に変わり、昔は水ガラス(ゴンジュン)に禁忌はなかったが、今は欺瞞に頼るしかない。
短期的な欺瞞の場合は、カラス(ゴンジュン)のファンを丸で囲んで切り取ることができます。

長い間カンニングをしても無駄であり、その漫画は放送できず、ただ放送できません。
添付画像:カズンジャの大技、まず封印、埋葬、埋葬。

投稿元リンク先はこちら

最近、ドナルドダックじゃなくて 水ガラスという隠語も使われてるのだけど…
「水軍に頼るアヒル」という意味のようです… (;’∀’)

意味深すぎて「??」な部分も多いのだけど…
「水ガラス(ゴンジュン)の漫画は放映できず、収入源の 1 つが断たれました」

これは 以下にコメントが出ています。

これは 現在、撮影を終えてまだ放送されてない3作品「安楽伝」「我要逆风去」「狐妖小红娘月红篇」のことです。
つまり この3作品は放送されない(=ゴンジュンが悪徳芸能人として禁止されるから)という意味。
何度も配信予告が出てるのは、去年の秋に撮影を終えたディリラバと撮った「安楽伝」ですが…果たして…。


ゴンジュンの動向も気になりますね…(^-^;

※今日、盛大なキャンディが出るのでは?と思ってたんですが、まだ、出てないようです。
見つけたらまたレポします(^-^;


いやはや…今日はほんとに いろんなことがありましたネ…。
良い話と残念な話が入り混じって まるでジェットコースターに乗ってる気分でした…ww

そういえば…すっかり忘れてたんですが…(;・∀・)
今日から BS11で「山河令」の放送がスタートしたそうで、おめでとうございます!

またハンハンの魅力にはまる方が増えるのじゃないかな?とうれしいのと同時に…
はまった瞬間に、ハンハンの苦境を知る方も増えるという 何とも悲しいジレンマもあり。

でも、彼がかげがえのない素敵な俳優で、いま冤罪で戦ってて…必ず帰ってくるというところから。
ぜひ知ってくださる方が増えるといいなと 心から願ってます。

(と同時に 🦆についても、残念極まりない話を知るのが、やっぱりとても気の毒なのですが…)
(ぜひとも乗り越えていただいて、万が一にも、アンチの「新たな構成員」にならないことを切に願うばかりです…(´;ω;`)ウッ…)

今日は話題が多くて 虎PDの投稿の紹介ができず…また改めて明日お届けします^^
ではでは今日はこのへんで。ここまでご覧くださりありがとうございましたww


ブログランキングに参加しています!

いつも応援ありがとうございます 下のバナーを押してくださるとランキングに反映されます ぽちりと1回よろしくお願いします♪

にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村
目次