MENU

8月事件のその後「チャンジャーハンの最新警告リスト入り」に、業界実力者が異議申し立て!裁判も?!

「山河令」で周子舒役を演じている、俳優チャンジャーハンの事件、続報です😢

8月の靖国&乃木神社事件で、業界から追放状態になってしまった彼…
(詳しくは>>なぜ中国芸能界から事実上の追放に?チャンジャーハン事件の経緯まとめ リンク先はこちら

一部、中国内のNEWSに名前が復活したという吉報もありましたが…
先日、中国演出行業協会が出した「警告リスト」に名前が入って、またも暗雲
…(;´д`)トホホ

※この話はレコードチャイナさんの記事に詳しく出ています。
>>中国演出行業協会が最新の「警告リスト」を公表、クリスやチャン・ジョーハンに復帰の道なしか
リンク先はこちら

要は、ほぼ引退状態になっている芸能人が、youtubeのような動画サイトなどでの再活動も禁止するというリストに名前が入ってる状態に…😨

ここまでの段階で…彼の復帰を願うファンとしては…
とほほ…以外の何ものでもなかったのだけど… 今日、吉報が!Σ(゚∀゚ノ)ノキャー


このリスト入りに、中国テレビ業界の大物の方が、昨日、実名で異議申し立てをした!
というのが 今日の話題です!

以下、ウエイボーニュースを英語で紹介するサイトから 記事を和訳でご紹介します。
(ヘンテコな和訳箇所あり、そのへんはご容赦をww) 

李学政はオンライン有名人の「ブラックリスト」に反対し、チャン・ジャーハンが訴訟を起こすのを手伝うと言っています。 中国の舞台芸術協会はブラックリストを発行しましたが、李学成はそうするための法的権限に疑問を投げかけています。

業界内の重要な声として、李学政は、中国舞台芸術協会が発行した最近の中国(オンライン)パフォーマーのブラックリストに反対しました。

李は、リストに載っている著名人の1人である中国の俳優チャンジャーハンが、協会に対して訴訟を起こすのを喜んで手伝うといっています。中国テレビアーティスト協会の副会長であり、金盾テレビセンターの所長である李学政は、Weiboで多くの注目を集めているビデオを公開しました。

彼はビデオの中で、李氏は今週初めにオンライン有名人のブラックリストを発表した中国舞台芸術協会(CAPA /中国演出行业协会)の権威に疑問を投げかけています

このリストはWeiboで流行しており、悪い行動と思われる行為について報告および登録された88人のインターネットパーソナリティの名前が含まれています。リストに載っている人々は法律に違反しているか、彼らの行動が社会と公序良俗に悪影響を及ぼしていると言われています(リストの詳細はこちら)。

リストに含まれる人々への影響は、ライブストリーマーが仕事を続けることを禁止するだけでなく、以前に「キャンセル」されたパフォーマーが中国のライブストリーミング業界に参入してそこで収入を生み出すことを禁止するため、潜在的に巨大(な影響力がある)です。

リストを通じて、CAPAは、業界でボイコットされ、懲戒されるべき人々の概要を示しています。 リストに載っているのは、物議を醸している日本の神社での結婚式に出席し、日本人を代表していると見られている靖国で写真を撮ったことで、2021年8月に中国のソーシャルメディアの嵐に巻き込まれた俳優のチャン・ジャーハンです。

チャン・ジャーハンは、歴史的に物議を醸していると思われる日本の神社で撮った自分の写真を投稿することで問題を抱えました。チャンジャーハンは謝罪しましたが、張のアカウントと関連する仕事のアカウントはWeiboによって停止され、彼が関わっていたブランドパートナーシップ(広告契約)はキャンセルされました。

当局や視聴者の支持を失った中国の有名人は、ライブストリーミングに目を向けることがあります。たとえば、歌手の李代沫は、麻薬スキャンダルで、成功した歌のキャリアが終わった後、ライブストリーマーになりました。しかし今では、張のような人にとって、そのような別のキャリアでさえ、法的に有罪判決を受けたわけではありませんが、もはや不可能です。

CAPAのブラックリストのニュースは、人民日報によっても広く公開され、その対策は、混沌としたオンラインエンターテインメント業界を整理し、「健康的で前向きな」インターネット環境を構築する方法として提示されました。

李学政は、彼のビデオやその他の最近の投稿で、いわゆる「警告リスト」がどのように作成されたか、どの基準に従って作成されたか、CAPAが実際に人々を締め出す法的権限を持っているかどうかを疑問に思っています。

中国のライブストリーミング業界。 彼はまた、ブラックリストを発行したCAPAのライブストリーミングブランチが、実際には事業体(営利団体)であるという問題を提起しています。

では、中国のオンラインインフルエンサーやパフォーマーに対して制裁を課す法的懲戒権はどこにあるのでしょうか。

11月24日にWeiboアカウントに投稿された李のビデオは、90,000を超えるいいねを受け取り、執筆時点で8500回以上共有されています。

「私が理解していないこと」と、ある人気のあるコメントは次のように述べています。

「協会は非会員も罰することができまるのですか?協会の権限はすべてのメディアをカバーしていますか? 彼らの規制行為はどのような法的根拠に基づいていますか?」

1988年に設立された中国舞台芸術協会は、中国文化観光省の監督下にある全国レベルの組織です。公式ウェブサイトによると、公演事業者と公演者によって形成された非営利団体であり、協会の会員には公演グループ、公演会場と会社、発券会社などが含まれているとのことです。

李のビデオは11月24日に投稿されたため、彼は中国のネチズンから多くのサポートを受けましたが、オンライン検閲にも直面しました。李自身がスクリーンショットを投稿し、彼の投稿のすべてを公開できるわけではないことを示しました。

李のような誰かがCAPAのブラックリストに反対して発言することは注目に値します。

李学政は、業界ではおなじみの顔です。1965年に山東省で生まれた李は、中国の映画およびテレビ業界で長い間働いており、それ以来、プロデューサー、スーパーバイザー、俳優、およびディストリビューターとして印象的な履歴書を作成してきました。彼のWeiboアカウント(@李学政)には100万人以上のフォロワーがいます

11月25日、李氏はCAPAの問題に関する一連の投稿に別の投稿を追加し、当初の目標はCAPAが規則に準拠していることを確認することでしたが、チャン・ジャーハンが訴訟を起こすのを支援する準備ができていると述べました。張がこのように「取り消される」に至る法律に違反していないので、「私は法の正義を信じています」と李は書いています

李はソーシャルメディアで多くの支持を受けましたが、李自身を心配する人もいます。「あなたは最初に自分の面倒を見ろ」と警告する人もいます。「明日には[Weibo]アカウントを失います」という他の人は、李の勇気に感動しています

「私はあなたの言葉を読んで泣きそうになっています」 「このような圧倒的な義を持った人を見たのは久しぶりです。」
今のところ、李はこの事件の根本的原因に到達するという彼の目標において止められないようです。

彼は、誰が法的に規則を設定することを許可され、誰が許可されていないかについて、業界内で意識を高めることを決意しているようです。

ある人気のあるコメントは次のように述べています。
「李先生を見ると、彼は汚職と戦い、正直に主張しているようです。国民の意見に耳を傾けるだけでなく、法に基づいた社会が法に従って統治することを願っています」

原文サイトはこちら


内容がすごく難しい話で 微妙和訳満載だったのですが…要点だけまとめると…

中国の芸能界で有名な李学政副会長が、中国演出行業協会が最新の「警告リスト」に問題提起。

チャンジャーハンのリスト入り(業界活動禁止)について異議あり。訴訟をするなら手伝うと明言。

実際に裁判をするのかどうかはともかく…
業界の中で、初めて「チャンジャーハンの業界追放」はおかしいと声を上げる方が出てきた状態のようです。(;・∀・)

いま 内外のチャンジャーハンファンの皆さんが 李学政先生の話をSNSで投稿してくれていて…
彼の復帰を願う人が本当に多いという事実に とにかくじ~~ん!!

この話。昨日までの段階の話なので…この先 また色々出てくるはず。
また 状況が出てきたら 随時ご紹介したいとおもいます!

李学政先生が このときの温様みたいになることを 心から願ってます…!!


ログランキングに参加しています!

下のバナーを押してくださるとランキングに反映されます ぽちりと1回よろしくお願いします(〃▽〃)ポッ

にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村
目次
閉じる