MENU

張哲瀚の関係者ウエイボー、全アカウント凍結!(悪徳芸能人記事:関係各所の反応「何を基準に悪徳と規定するのか? 」)

もう慣れっこといえば、慣れっこなのだけど…TT
ハンハンの関係者のウエイボーアカウントが、すべて凍結されてしまいました…(;´д`)トホホ

加えて、昨日「法制日報」から出てきた「悪徳芸能人についての記事」。
反響の続報をご紹介します。

目次

張哲瀚の関係者ウエイボー、全アカウント凍結!

今まで、いろいろなアカウント名で、ハンハンの写真や動画を公開してくれたアカウントが…
全部凍結… (驚いたことに、一昨日初登場した新アカウントまで凍結の憂き目に)

もう…ウエイボー側から完全マークされての削除としかいいようがありません…(;´д`)トホホ

5/26、残っていたアカウント2つが凍結…判明している全アカウントが消失

一昨日(5/25)にたくさんの写真を公開してくれた 関係者さんアカウント。
投稿後に、2つのアカウントが凍結されて…残ってたのが2つあったんですよね…

その残アカウントさえ、昨日、全部停止されてしまいました…(;´д`)トホホ

左手MUSE 凍結

日本語に変換させたものも 下に並べてみました↑。
そこに書かれているのが「ユーザーは現在コミュニティ規約に違反しているため禁止されています」

(そのコミュニティ規約がナゾすぎる…Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン)

MUSE左手さんの最後の投稿が 余計に悲しく見えちゃう この仕打ち…
5/25の投稿 再掲載します ↓

盆和(花盆のこと)と菜沉(緑の野菜のこと)はみんなの気持ちを受け取りました…
心配しないで、準備してください!

山火事は燃え尽きず、また春のそよ風が吹く☺
以前はニュースを読むためだけにインターネットに接続していましたが、目隠しアカウントを開設してから
3回連続で負け、次々と襲われて一瞬落ち込んでしまいました。
しかし、多くの人々がもっと「痛い」経験をしているのを見てきました
大丈夫です、私はまだすることができます!

いくつかの打撃は、人々に、自分の運命を認めることなく、人々に自分自身を認識させることです。
この一連の禁止(アカウント凍結)は、砂と金を取り除くようなものであり、あなたの最も断固とした強いものを残しますす-常に親切で、常に穏やかで、常に粘り強く、決して屈服しません。
非永続性によってもたらされるものは、最終的には非永続性によって取り除かれます…
(紫禁城シリーズにうんざりしていませんか?また( ̄∇ ̄;))
詳しくは過去投稿

MUSE左手さんは 4月にも1回凍結されて すぐ新アカ作ったんですよ…
でも 今回はさすがにまだ出てきてない状態…

そして…もう1つ。5/25に関係者投稿だとわかった新アカウントも…
凍結の憂き目に。。。

天空人再想一想さん 凍結

新登場していたスカイマンも…
「ユーザーは現在コミュニティ規約に違反しているため禁止されています」

このアカウントは、一瞬動画をアップして即削除。>>その時の話の詳細はこちら

この行動だけで コミュニティ違反。
凍結されるまでの期間でいうと 今回のこのアカウントが最速です。
(ハンハンの動画を出して、1日以内に削除は初めて)

ファンの方が、「ここ数日、チャンジャーハン関係のアカウントが大量にミュートされている」とつぶやいているのを見たのだけど…これだけ速攻で削除されたのを目の当たりにすると、ウエイボー側で何か起こってるのでは?と、真剣に疑いたくなる状況が続いてる気がします…。

これまで、実名、ニックネーム問わず。
大量のアカウントをミュート、凍結してきた中国のSNS・ウエイボー。

一昨日 永久禁止された 関係者アカウント2つ↑。

李学政氏のウエイボー凍結の後、李おじさんの代弁者となっていたドラマアカウントでさえも、現在凍結中。

ニックネームだろうと実名だろうと…チャンジャーハンに関するものを発信するアカウントは 全禁止する勢いのSNS。
ここまでするほど 彼らが恐れているものは いったい何なのでしょうか?

「法治日报の悪徳芸能人記事」の反響

そして、昨晩の投稿でご紹介した「法治日报」の記事。
昨日、ご紹介した以外にも、いろいろな意見が たくさん出ていますよね…ww

※??な方はこちらをどうぞ。
>>「悪徳芸能人」カムバックの試み 専門家:変則的なカムバックを阻止する (法治日報記事和訳)
リンク先はこちら

ここからは、この記事についての続報。
いろいろな意見があります。まずは 上海成雨さんの投稿からご紹介します。

※上海成雨さん:ハンハンの冤罪についてずっと発信してくれているアカウント。ずっと弁護士さんだと思ってたのですが、実は翻訳家の方の模様(いろいろな方の解説で翻訳家表記あり)勘違いして紹介していて失礼しました。これまでの過去記事は修正済みです。

上海成雨さんの投稿

※今回、とくに和訳が難しくて、微妙な部分あり。原文もあわせてご覧ください(^-^;

#邪悪な芸能人の偽装カムバックをブロックする#(法治日報の記事についてのタグです)

私は思うこと:まず第一に、悪い行いとは何ですか?
第二に、雇用禁止の年数は限られており、年をとったら戻ってくることができます。
第三に、人々に間違いを訂正する機会を与え、間違いがあった場合の訂正を歓迎します。これは私たちの一貫した方針です。

第四に、法律に違反しても、出てきたときに画面に戻ってしまう若い子は、脱税で刑務所から出所した後そのまま撮影しています。

第五に、芸能人が恥ずべき悪いことをしてから再び演技すると、観客はうんざりして興行に失敗する。興行収入がない場合、映画はお金を失い、再び制作できなくなります。

したがって、このエントリーを提案した人は、実際には聴衆を信じず、自分自身だけを信じているので、両者が乖離していると理解できます。

第六に、最も重要なことは、率直に言って、この見出しの記事が繰り返しの出現するのは、美徳を失った芸能人が戻ってくることを許可されていないことを繰り返し強調し、本質的に多くのネチズンの立証の訴えを抑制することです。

事件の解決を許可しないというのは、一種の矛盾です。

カムバックの禁止という意味がより大きく、より頻繁に呼ばれるほど、支配的な矛盾の主要な側面の変化の傾向はより明白になります-唯物弁証法の法則は間違っていない。

唯物弁証法:弁証法的に運動する物質が精神の根源であるという考え方。カール・マルクスによって定式化された歴史発展の法則である唯物史観の哲学的根拠という意味。

この投稿で一番協調されているのが、6番です。(ネチズンの意見でもこの話がいちばん多かった)
悪徳芸能人の記事が出る=二度と戻ってこれないと強調
=ネチズンに無駄な努力はするなという警告

こう受け止める要素がある という意見です。

そして 同じ上海成雨さん もう1本。

法治日報は法の規則に対応できません(1)

#邪悪なアーティストの偽装したカムバックをブロックする#

昨日の法治日報の記事「悪徳芸能人の偽装カムバックのギャップをブロックする」は、白熱した議論を引き起こしました。
悪いパフォーマーを特定し、復帰を禁止することは難しくないと思います。どの関係者も、3つのレベルの制約に従う必要があります。-法規定、行政規則、および業界の専門的倫理です。

最初の2つの違反は、法規制に従って行政機関によって罰せられ、業界の専門的倫理は、自己規律である業界協会によって、違反は、規則に従った業界団体によって策定されるべきです。

1.公序良俗は、これら3つのレベルには含まれていません。
2.法規制への違反は不道徳です。
3.業界団体の従事禁止には年限が必要です。

上記のルールを理解するのは難しいことではありません。どのような状況でいつ禁止を解除するかは、監督と実施が強化されている限り、不正な芸能人の復帰を防ぐという繰り返しの提案は偽のトピックです。

記事は4,000語以上でいっぱいで、主題テーマが指摘されているのは最後だけです。抜粋は以下の通りです-.

“ファンダムの乱脈ぶりが数年間続いており、サイバー水軍の雇用、プロの黒公による相互攻撃、他の芸能人に対するサイバー暴力が日常茶飯事だ。したがって、資本操作によるサイバー断罪と世論裁判に特に注意して、法律関係を整理して、法制度を補完しなければならない。関連懲戒制度を規範化し、操作性を高め、’悪徳芸能人’に対する懲戒を法制化の軌道に乗せる”と話した。

この記事では、本名と姓を持つ多くの非倫理的なアーティストについて言及していますが、残念ながら、記事のテーマを明確にする最後の最も重要な段落だけが、名前が付けられていません。

読者は彼らが誰について話しているのか理解していますか?

ふふ、餃子を食べると口がきけないように、(本当の名前は)胃の中にたくさんあります。

記事を書いている法治日報の記者がそれを指摘できないだけでなく、私も誰も指摘することはできません。
そうしないと、投稿がクリップされて公開できなくなります。

ネチズンの大多数もそれを指摘することができません、そして彼らが同意しないならば、彼らは禁止の力(投稿禁止する権力)を180日、365日、試すことができます!

两会中のセッションで主流メディアも、それを指摘することができず、青工を除いて、頭をかきながら山を越えて虎と戦うことしかできません。

非常に明確なのは、プロパガンダを管理する当局は、沈黙の命令を出したことです。

これは、権力が法よりも大きいことを意味し、それが法の支配に対する障害です。

法の支配を擁護する法治日報でさえ、このつまずきに直面しても無力です。70年以上にわたって確立された法の支配下にある社会主義国でさえ、市民は訴訟と戦うことができません。。

主要な同志は、権力をシステムの檻の中に閉じ込めるべきだと繰り返し強調してきましたが、唯一の障害は(その権力が)檻の外で威圧的で傲慢であり、法の支配は権力に直面して震え、弱いことです。

投稿元リンク先はこちら


今回のこの投稿… さらっと書いてるけど…実はすごいことを指摘してますよね…(;・∀・)

名前を出されていない最後の部分=チャンジャーハンのこと。
これを出せないのは、プロパガンダを管理する当局が沈黙の命令を出しているから。


つまり、法の支配よりも強い権力が、チャンジャーハンを禁止している
 (;・∀・)

上海成雨さん… これって…
法の支配より強い権力=CAPA、海西の後ろに 行政・政治にかかわる黒幕がいる ってことをいってませんか…

あ もちろん わたしの推察なのだけど…
これまでのことを考えると そう思うのが普通だったりするので…

(そうじゃないと 国内に出回ってる観光本を数日で全部回収したりはできないと思う)
(ハンハンが訪問した靖国神社が公的観光本が「桜の名所」でおすすめしているページが掲載されていて、その本の存在がSNSで指摘されるや否や、数日で全国の書店から本を回収)

そう推察されることを さらっと書いた 上海成雨さんが 本当にすごいと思います…(;’∀’)

※この意見投稿シリーズ パート2が出てるので また明日ご紹介します。

張俊揚(チャン·ジュンヤン)監督の投稿

そして もう1本。張俊揚(チャン·ジュンヤン)監督の投稿です。

悪行芸能人の変則復帰を防ぐ
それで一体誰を防ぐのか?
最も良いのは関連部署で不良認定リストを作成することです。
そうでなければ,ずっと叫ぶのは意味がありません。
悪い行いをどのように定義するか、それは違法ですか、それとも道徳的に腐敗していますか?
多くの概念はまだ非常にあいまいです
しかし、それは政府によって定義されるべきです、
業界団体ではなく。

どういう基準で、悪徳芸能人と認定されるのか?
悪い行いの基準が 何も明記されていませんよね…

これを CAPAという一民間団体が決めるのではなく 政府・行政機関が決めるべきです。
この指摘も ごもっとも…😢

私にもうひとつ言わせてもらうと、罪状を確定する前に、本人への事情聴取も必要です。
ハンハンは 噂が出た後 なんの事実確認も、事情聴取も受けることがないまま、突然、封殺されたのです…

現代社会の法治国家で こんなひどい扱いをされてる事実。
これを放置していていいわけありません…。


昨日の法治日報の記事が出てから、いろいろなところで 意見や議論が湧き出ています。
この記事が出たこと、悪いことばかりじゃなく こうして 関心を持つ人が増えて まともな方向に事件が動くきっかけになることを祈るばかりです。また、続報が出たら 随時ご紹介します。

そのほかの話題まとめ チャンサンジャンの違法書籍+今日のゴンジュン

このほかの話題も少しあり。羅列式でまとめますww

「チャンサンジャンの違法書籍登場について」謝マネージャーの投稿 

ハンハンブランドが登場してから すっかり標的にされてる 謝マネージャーなのですが…ww
最近 意外と頻繁にウエイボー投稿あり。

以下 ちょっと驚いた サンジャン本の話です。

謝伊華氏の投稿
プライベートレターで、サンジャン公式アカウントの記事が本にまとめられ、許可なく印刷されたことを反映しているのを見ました。私は誰もがサンジャンを愛していないということを、理解しています。このような親切に感謝します。

ただし、引き続き注意を向けたいと思います。
まず第一に、「著作権法」の関連規定によれば、著作権所有者の許可なしに無許可で複製、配布または拡散すること、著作権所有者の複製、配布、オンライン情報を広める権利などの正当な権利と利益の行為は、権利侵害の責任を負います。
第二に、私の国の「出版管理規則」およびその他の関連規則によれば、本番号のない本は違法な出版の疑いがあります。書籍番号のない違法な出版物が発行、配布、または添付された場合、それらは報道機関および出版物管理部門による管理上の罰則の対象にもなります。
辛抱強く待ってください、すべてが最良の配置であり、サンジャンとあなた自身を保護します。

チャンサンジャンについて 彼女が触れたのは 初めて見ました(;・∀・)

実は今年3月に、「チャンサンジャン」の商標登録を 彼女が申請していて、それも、カップルファンの中傷攻撃の理由のひとつになってるのですが…(商標権を彼女が持っているから、余計にサンジャンはハンハンとは別人説)

いま、チャンジャーハンの名前で会社登記や商標登録ができないので 彼女が代行しているといわれています。
(この辺の話しはまた 必要があればどこかで解説します)

2つ前のブログで 本を出したいっていってた サンジャンハンハン。
覚えてらっしゃいますか?(〃▽〃)ポッ

ある友人が私にこういいました。「千夜一夜物語」という本を今後出版できるだろうから、あなたが聞いたすべての話を書き留めなさい」と。十分な数の友達がいて、ストーリーが十分に魅力的である限り、このアイデアは信頼できると思います。 くわしくはこちら

これ 実現してほしいですネ…いつか書籍が出せることを祈ってます!

ゴンジュン5/26本人投稿「CharlotteTilburyのグローバルメイクアンバサダー就任」

最後は 昨日のゴンジュン本人投稿。

CharlotteTilburyのグローバルメイクアンバサダーになれることを嬉しく思います。 ピロートークパーティーが夢を迎えようとしているのですが、不思議な呼びかけが誰なのか知りたいですか? @CharlotteTilburyにロックインして、パーティーのサプライズに参加してください! CTピロートークパーティー、喜びが呼んでいます! #Gong Junの枕話#CharlotteTilburyのWeiboビデオ 投稿元リンク先はこちら

上のリンク先でも確認できますが 動画はこんな内容でした。

以下グラビア。

ちなみにこのルージュ。速攻で完売したそうです…ww

あと 今日公開の「OK精彩10周年記念VTR」も。


ということで 以上 もろもろまとめ終わりますww

ここまでご覧くださりありがとうございました(〃▽〃)ポッ


ブログランキングに参加しています!

いつも応援ありがとうございます 下のバナーを押してくださるとランキングに反映されます ぽちりと1回よろしくお願いします♪

にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村
目次
閉じる