MENU

「人民法院はチャンジャーハン事件の訴状を受け入れるべきだ」中国政治法学大学、王湧教授が投稿

ハンハンにとって、少しでも良い話は どうしても記録したくなります…連投してすいません…
(これが かの国だったら即削除されてますね…💦でも、いけるとこまでいきたいです)

今からするお話は、去年、李おじさんが、ライブストリーミングでハンハンの事件について討論したメンバーのおひとりで、中国政治法学大学の教授兼指導教官 王湧教授の投稿です。

今日、チャンジャーハン事件についての投稿をしてくれました。
(でも すぐ削除されました…(;´д`)トホホ)

海外のファンさんがツイートで紹介してくださっていた内容を、解読してみました。
昨年末、ハンハンが提出した訴状を正式に受諾して、審議するべきだという内容です。

「チャンジャーハン事件(813事件)を通じて法治を見守る」

張哲瀬事件(813事件)。これを靖国神社参拝と定義し、法学教と法学同人として、この事件はネット時代の「深刻な法治破壊事件」であり、ネット時代の「文革の遺风事件」である。

※文革:文化大革命のこと。

今日私は主に事実問題、法律問題、政治問題の三つの問題を討論する。

[事実問題] 813事件でインターネットは、彼が靖国神社を参拝したと定義されていた。

第一に、桜林の写真を神社と規定し、第二に、百度(バイドゥ※)の見出し(タイトル)を修正して、张哲瀚とデヴィ夫人が一緒に撮った写真に変え、ある人は8月13日の前日にデヴィ夫人の見出し(タイトル)を修正した。

※バイドゥ:中国の百科事典のようなサイト:ウイキペディアに近いイメージ。

第三に、800余りのマーケティング番号、大量の水軍(デマSNS)とロボットが評論を発表し、一部の官営メディアは真相が不明なまま、関連ニュースを転送して、奥論は結局統制力を失った。

第四に、中国公演業界協会はインターネット情報を利用して正当な手続きを経ず、インターネットの断罪を受け入れ、8月15日に直接悪行者リストを発表し、全業種が張哲瀚に対して連合してボイコットを行った。

これがこの事件の4つの特徴だ。

その中で存在する法律問題は、公民の人格権と名誉権が侵害されたことであり、これは民法上の侮辱であり、人民裁判所は必ず立案しなければならないが、チャン·ジャーハンンが中国の一般公民として人民裁判所に起訴状を提出した時、人民裁判所は受理を拒否した。しかし、これは最も高等な人民裁判所が何度も強調した立案等級制と相反する。

第二に、人を喜ばせておいて、慰めるのは、チャン·ジャーハンが刑事上の誘引罪として、公安部門が受理したものの、捜査開始するかどうかの結論を待っているということだ。

第三に、中国公演業協会は、張哲瀚(チャンジャーハン)を悪行芸能人に分類する際、当然正当な手続きを経なければならず、道徳委員会の名簿や聴聞の手続きもない

一つの協会が俳優を処罰する際、’悪行芸能人’という四文字を使うことができるだろうか?
法律は犯罪者でさえ侮辱できないのに、協会のどこに権利があるのか。

法律の単語は当然技術性を持たなければならないが、まして「悪行」という単語は内容も曖昧だ。
張芸謀は家族計画政策に違反して700万元以上の罰金を科した(※別の事件)が、悪い行動ではないか。

協会は立法機関ではないが、必ず法律の基本原則に従い、「悪行」の基準を与えなければならない。

第四に、協会は行政機関ではないが、協会主導の共同ボイコットは一種の行政処分であり、行政処罰中の業種進入であり、憲法に規定された労働権に対する剥奪だが、手続き上、いかなる保証もない。

第五に、反独占問題に関する限り、反独占法第13条第5項は、連合ボイコット取引は一種の独占協議である。協会の組織の下で公布されたリスト、また、連合ボイコットを呼びかけたことは、完全に「反独占法第13条第5項の規定」に相当する。

協議会は中央で非常に重視する反独占法について、重視していないのか?

3つ目は政治問題だ。

第一に、私たちはインターネット時代の文化革命の遺風を警戒しなければならない。

私たちの世代は技術面でネットワーク、人工知能、資本という非常に大きな特徴を持っている。
資本統制なプラットフォーム、資本機構は、(市場)独占的な地位があり、資本がアルゴリズムを所有している状況で、ニュースは一体どこにありますか? 真実は一体どこにあるのか。私たち全員が小さな黒い部屋にいる可能性が非常に高いが、本当にお互いに操られている。

※中国でネットのあらゆるサービスが、統制・規制されていることをさしているようです※

張哲瀚(チャンジャーハン)事件は、このような技術的特徴を見せてくれた。
このような技術は、法治を全く考慮せず、公民の基本権を侵害することだ。
技術を使って競争相手を打ち負かしているのです。

第二に、私たちは必ず「偽りの民族主義」を警戒しなければならない。
私たち中国人民は皆自分の国を愛する人たちであり、いずれも熱い血を持っているが、民族主義と愛国主義にも真偽の区分がある。

ある人たちは現在、民族主義を利用して競争相手を打撃し、他人を打撃するために民族主義を利用して恐怖を製造して論じ、中国人は中国人自身を迫害するが、これは本質的に反民族主義であり、反愛国主義であるため、必ず警戒しなければならない。

私たちは法治の原則を必ず法治の原則を堅持しなければならない。

党中央委員会は2014年にすでに法治に関する決議を発表したが、法治は中央で非常に重視する原則であり、法治はすべての公民の基本権と利益に関心を持って実践することが司法機関の司法審査と司法立案は公民の権利を保障する最後の障壁であり、私たちは曖昧な理由と遅い方法で公民が自分の権利のために弁明して訴訟保護の立案要請を拒否してはならない。

これさえもできなければ、法治国家・中国はどのように立てられるだろうか。

チャン·ジャーハン事件の被害者はチャン·ジャーハン個人だが、もし解決しなければ、今後の被害者はあなたと私になるだろう。

(翻訳アプリ複数を駆使して和訳しました ヘンテコな部分があることをご了承ください)


最後の一文に すべてが込められています…
「この事件を解決しなければ、今後の被害者は あなたと私になるだろう」

※現在、すでにウエイボーやネット側に削除されてしまった王先生の投稿、SNSの皆様が投稿してくださった内容をもとに和訳させていただきました。こちらの投稿主様の資料です。 

以下 投稿主様の解説和訳

CAPA(中国演出業行協会)は、これらのオンラインソースを使用して、手続き的な公正さなしに、チャンジャーハンを有罪とし、業界全体で彼を禁止しました。法的-市民の評判と権利が侵害された場合、人民法院は民法に基づく名誉毀損を理由に、その事件の訴状を受け入れるべきです。

その訴状受け取り拒否は、最高人民法院の一般的な指令に直接、反するものです。
現在、チャンジャーハンは刑法での訴状を提出して、その結果を待っています。
CAPAは、チャンジャーハンを法的な根拠がなく「問題のある芸能人」と定義しました。

いずれにせよ、CAPAは立法府ではないため、法律に従わなければなりません。
政府の行政機関でもありません。 したがって、労働権を制限するなどの行政処分を実施する権利はありません。

独占禁止法の下では、本件は独占協定の一形態であり、したがって違法です。

法制度の人々は、曖昧な言い訳や意図的な遅延で、法的な援助を求める市民の権利を拒否すべきではありません。
チャンジャーハンは、彼の事件の犠牲者です。

それが解決されない場合は、誰もが次のチャンジャーハンになる可能性があります。

※思い出せない人のために、Hongfan Legal and Economic Studiesは、李学政やさまざまな弁護士、教授をライブストリームに招待して、関連する法律について話し合う組織です。 複数のプラットフォームで非常に迅速に検閲されました。 間もなく、Weiboアカウントはミュートされました。


昨年末に提出した訴状。人民法院が、チャンジャーハン事件の訴状を受け入れるのを祈っています!!


ブログランキングに参加しています!

いつも応援ありがとうございます 下のバナーを押してくださるとランキングに反映されます ぽちりと1回よろしくお願いします

にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村
目次
閉じる