MENU

チャンジャーハン事件続報|李学政氏12/12の投稿「公権力のない民間団体が一人の俳優を追いやる深刻な結果を招いている」」

8月の事件で俳優継続の危機に陥っているチャンジャーハン(通称ハンハン)😢。

山河令の周子舒(阿絮)を演じたチャンジャーハン。このまま消えていい俳優さんではありません


ハンハンママのお手紙以降の続報です。

この間、毎日大量のウエイボー投稿で、進捗を知らせてくれている李学政氏(通称李おじさん)。
山河令登山で忙しくて こちらの進捗を投稿できなかったのだけど…(^-^;

ポイントは2つ。

チャンジャーハンの芸能活動禁止にかかわるCAPAのブラックリスト公表に対して、そもそも一民間団体であるCAPAに公的権限はない」を立証。CAPA自体がいろいろと問題を抱えている団体であり、この団体自体に大きな問題がある。

8月に一斉に噴出したチャンジャーハンの靖国神社の写真問題。当時のSNSにあがった情報には、30以上ものデマが含まれており、このデマをひろげたアンチアカウントに大きな問題がある(陰謀を感じさせるデマ元もあり)。訴訟を含めて徹底的に抗戦する。

他にも細かい話がたくさん出てたのですが、とにかく内容が多いのと難しいので 全文把握するのが難しく…ざっと上の2点がよく議題にあがっていた内容だと思います。※参考元:毎日の進捗状況をまとめてくれているSNS様があり。状況把握にとても役立ちます リンク先はこちら


そんな状況の中での 今日の李おじさん。今日のウエイボー投稿を和訳でご紹介します。
大事なところは、マーカーを入れてみました。
 
※アプリ翻訳を複数駆使したのですが、難しいところも多くてわかりにくい箇所も多ありなのですが、よかったら読んでみてください。

2021年12月12日 李おじさんの投稿

人民の正義#永遠に党を愛する#インターネット空間文明参加者#有名プロデューサー李学政氏の質疑の中で公演協商の低質芸能人処罰手続き正義

私のメールボックスの発表によって党員幹部、政法システム専門家、高校教師から多くのメールが届き、慎重に選別した結果、今日の準専門(個別文字修正)は党員先生の文章を転送する。

※以下 李おじさんが その先生の文章を自分のWEIBOに転載※

ニューメディア時代のサイバー空間の”タヒードの落とし穴”を警戒する。

2014年3月18日 
人民指導者たちは河南省蘭考県委員会常務委員会拡大会議で、「タヒード·トラップ」という概念について言及した。

古代ローマ史家のタヒードは著書『歴史』で、「皇帝が憎悪の対象になると、良いことも悪いことも嫌悪感を呼び起こす」と指摘した。公権力が公信力を失うと、どんな発言をしても、どんなことをしても「社会から否定的な評価を受ける」という言葉が引用された。これが有名な「ターシー」です。

インターネット情報時代、国際情勢が絶えず変化している今、私たちは特にマスコミ各社に対する露骨な攻撃とわなを警戒し、主流マスコミと政府の公信力の前哨基地を守らなければならない。

2021年8月中旬、敏感な時期である8月14日慰安婦記念日、8月15日の日本降伏記念日を翌日に控えて、人気のある俳優が3年前に日本を旅行したことが明らかになった。
30あまりのいわゆる証拠が続々と公開されており、「精日(精神的日本人)」「売国奴」の世論は民衆の敵日感情と愛国心を絶えず刺激する。すると、複数の有力メディアが世論に押されてこの事件について言及した。

8月15日、中国俳優業協会がインターネットのレッドチップファイルを配布し、この俳優(チャンジャーハン)をインターネットから遮断した。しかし、8月から10月まで30件あまりの暴露が、相次いでネットユーザーの間でデマであることが確認された。しかし、11月23日、中国俳優業協会は調査を経ず、チャン氏を再び悪徳芸能人と宣言した。

同日、有名プロデューサーの李学政氏が質疑し、協会は民間団体であり、不良芸能人を処罰する手続き的な正義、行政処罰権がないことを明らかにした。

その後、ネットユーザーの調査結果が明らかになり、協会のさまざまな問題が浮上した。李学政氏は8日、関連部署が調査に着手したことを確認した。

信頼は、社会発展の基礎であり、公信力は政府の貴重な統治資源であり、ニュース配信は党と政府と国民の間の重要なコミュニケーション手段であり、公信力を構築する重要な力である。しかし、8月の事件の展開過程を振り返ってみると、俳優業協会に対する大衆の信頼とチャン(ジャーハン)氏の俳優としての名誉が、紙くずのようにしわくちゃになり、撫でても元の姿を取り戻すことができないということを痛感せざるを得ない。

しかし、この事件が我々に与えた警戒心はこれだけではない。

まず第一に、ニューメディア時代に不信感を助長する報道観を悪用し、党と政府の公信力を低下させようとする意図があることを警戒しなければならない。情報化時代、サイバー空間はイデオロギー闘争の最前線であり、主要戦場だ。

「感情的」な断片を広めるために、物議をかもす出来後をつかんで否定的な影響を誇張し、グループの感情を強要するためにインターネットを利用する特定の人々に注意する必要があります。インターネット上でのコンセンサスよりも感情が事実に先行し、疑惑が共感より多くの’真実’であるかのような文脈を作って、「3人が虎になる」というコミュニケーションの雰囲気を形成します。

意図的にその前提となる見解と価値観を一般の人々の心理的レベルに潜ませ、人々の思考や感情をほのめかして伝染させ、主流メディアの解体を形成し、失語症、声の喪失、主流メディアへの不信をもたらし、党と政府の信頼の形成を阻止または弱体化させる。

第二に、一部の民間団体が公権力という名の下、私利私欲のために絶えず虚偽の操作をし、規律を乱し、情報を隠したり、国民に不信感を抱かせ、公権力が公信力を失い、タヒードの落とし穴に陥ることを警戒しなければならない。

李学政の疑問のうち、協会の手続きの正義性という二つのテーマは、現在71億4000万件を読まれたが、実際のデータは記録されていません。明らかに、この事件への注目は娯楽界を超えており、熱い社会問題になっています。

その主な原因は中国公演協会が発表した’警告リスト’は手続き上の合法性と強制性を備えていないが、実際には一人の俳優を(俳優として)死に追いやる深刻な結果を生んでいるからです。

一方、協会は不正腐敗、金品収斂、わいせつな経営、人事混乱、責任不明、手続きの混乱、印鑑偽造などの問題点を露呈している。このような民間団体の協議会が国家政府機関だけが持つことができる裁量権を掌握して行使することは、上級主務省庁の公信力に大きな影響を及ぼす。国民が同協会の行動に疑問を抱き、反感を持つようになると、公権力が「タヒードの罠」にはまる危険は避けられない。

最後に、各種勢力のマスコミのねらいと浸透を警戒し、主流マスコミが党と国家の手にしっかりと握られなければならない。
俳優チャン氏の事件を控え、3日間にわたって50件の検索語が殺到し、計62件の500万件を超える話題が殺到している。

その中の二つだけ熱心に捜索してみると、少なくとも817個の同じ話題·文案を持ったマーケティング番号が集まった。官営の人民日報がウエイボーで発表した15秒の間、100字以上のコメントを発表し、高い評価を得ており、ある販売番号は1分間に7件のコメントを発表し、合計800字の小作文を作成した。

その一方、事件発生初期から現在まで歴史学界、言論界、法学界、さらには一般知識人たちの明晰な声が絶えなかったが、文を書いて明らかにした北京大学歴史学修士が人肉と告発され、真相を明らかにした南大学新聞学科教授の口座が閉鎖され、疑問を提起した作家たちがサドルを切って急速に爆発し、事業が台無しになった。このすべてが、あえて疑惑を提起する人たちの口を閉ざし、事実上のサイバーテロだ。

このすべてを見ると、「この事件の荒唐無稽極まりない点は、歴史的事件に対する解釈の発言権は歴史研究者の手にも、にっちもさっちもいかなかった。判決は裁判官の手に委ねられておらず、報道事件に対する捜査権と発言権は報道関係者の手に委ねられておらず、民間協会の手中にある」と述べた

一方ではデマ発信者が作った偽の世論が、もう一方で民衆の理知的な声が絶えず口を塞いで削除された。このような偽りの世論を作り出し、民衆の素朴な愛国心を利用して、主流マスコミを拉致·脅迫し、同胞を傷つける行為は、典型的な偽りの世論を利用して真の官営メディアを逆に迫害し、愛国の名の下に国家の実際を妨害する行為であり、現実の害悪や背後動機を問わず、非常に深く考え、警戒しなければならない。

要するに、ニューメディア時代には、私たちは人民指導者の指示を肝に銘じなければならず、マスコミは正確な世論の流れをしっかりと把握し、マスコミの伝播力と指導力を高めなければならない。

影響力と公信力、主流思想と世論を強固にし、指導者として安心したジャーナリストとして、主旋律を歌い、肯定的なエネルギーを育て、行動する。主流思想と世論を大々的に強化し、党全体の士気を鼓舞し、精神を奮い立たせ、党中央が定めた雄大な目標に向かって一丸となって前進する。次の100年の栄光と栄光のために、私たちは言論陣の失脚と陥落を座視してはならない。

原文 李学政ウエイボーより 投稿元はこちら


すごい長文な上に 超難解な部分も多々あったのですが…
とにかくいえるのは チャンジャーハンを事実上芸能界から追放したCAPAに そんな権限はない ということ。李おじさん以外にも この話がおかしいと声をあげてくれている人が 少なからずいるということは救いといえそうです。

この事件、いろいろ知れば知るほど…日本のファンにはできることが全くなくて…はがゆいばかり😢

(精神的日本人といわれて責められている彼に、日本ファンが応援してるという状況はよい影響を与えないと思われるTT)

でも チャンジャーハンという俳優が好きなファンのひとりとして…
心から 彼の復帰を願ってやみません😢😢😢 

…なので とにかく静かに見守るしかないのだけど…
それでも、この事件の進捗は 引き続き、わかる範囲でおいかけたいと思います。
(不定期更新ですが…よかったらまた)


最後に 李おじさんが 11月下旬にやったライブストリーミングで話した言葉がとても印象的だったので…
こちらにご紹介させていただきます。ファイティン ハンハン!!

「俳優ではなくても他のことができるという話があります。レンガを運ぶことができます。彼は小さな売り手か何かになることができます……確かにそうですが、結局のところ、彼には俳優という特別な才能があります。誰もそれを奪うことはできません」(李おじさん ライブストリームより 海外ファンさんのレポより和訳 リンク先はこちら

ここまでご覧くださりありがとうございましたww


ログランキングに参加しています!

下のバナーを押してくださるとランキングに反映されます ぽちりと1回よろしくお願いします(〃▽〃)ポッ

にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村
目次
閉じる