MENU

中国エンタメ業界の現状を知ると見えてくる!?チャンジャーハンが「悪質な競争相手にターゲットにされた理由」

きっと、世界中の山河令ファンが衝撃を受けたに違いない、先日公開されたハンハンのインスタ動画。

これまでたくさん議論されてきたけれど… ハンハンの口から直接聞いた話。
驚かないファンはきっとひとりもいなかったですよね…(;´д`)

このとき、ハンハンが直接語り掛けた この言葉。

ある人々やある勢力が、家族やグループに尊厳をもっている愛国心が強い若者(=チャンジャーハン)の政治的立場(=靖国参拝)についての噂を広めるために、多額のお金を費やすことができるとは、想像もしていませんでした。
Baidu(百度=中国のウイキペディア)を改ざんし、プロのマーケティングアカウントが、公式メディアを欺くために多数の黒水部隊(デマを広げる集団)を使ってファンを煽動し、未成年者に「同性カップル」を信じさせるために活動しました。ドラマ(山河令)が成功することは何の問題もありませんが、問題なのは、良心をもつことなく、お金を稼ぐ、これらの人々です。
この時の話の詳細はこちら

ひとまず、ジュンジュンの話はさておきまして…(;´・ω・)
冷静に考えても、ここまでの事件。ひとりではできないわけでww

何か大きな組織がかかわってると考えるのが普通ですよね…。

今日は、その黒幕にかかわる話で、とても信ぴょう性を感じる話が出てきたので…
こちらを共有できればと思います よかったら お目通しください <(_ _)>

目次

業界を見ると見えてくる?!
チャンジャーハンがなぜ、ターゲットにされた理由とは?

今からご紹介する話は、海外のチャンジャーハンファン約6000人が集う
「facebookファンページZhang Zhehan International Jellyfish」に掲載されていたものです。

おおもとは、中国メディアが分析した「中国芸能界の現状について細かく分析した記事」。
その詳細な資料をもとに、チャンジャーハンがおとしいれられた理由を推察する という内容
です。

もちろん、今からご紹介する話は、あるファンの方の推論であり、真偽のほどは定かではありません。
ですので、どう感じるかは、皆様の判断です。
こういう見方もある ということで 参考資料としてご覧ください。

チャンジャーハンインターナショナル Jellyfish
中国の資本操作-エンターテインメント産業(和訳) 2022年5月16日投稿

チャン・ジャーハンが悪質な競争相手に囲まれた理由を理解したい場合は、中国のエンターテインメント業界がどのように機能しているかを理解する必要があります。

中国青年報の添付記事は、このシステムに関する非常に優れた洞察を提供しています。

※中国青年報の記事が別記事であります。下の別項目で紹介します。

映画を作ることはビジネスです。 私たちは皆これを知っています。非常に一般的な理解でいうと、資本がお金を稼ぐために映画に投資するということです。しかし、これは大きなケーキのほんの一部にすぎません。

実際、中国のエンターテインメント業界は、キックバック(陰陽)契約とマネーロンダリングシステムがあることで知られています。

エンターテインメント業界は、すべて相互に関連する企業が蜘蛛の巣のように構成されています。誰もがみな、シェアを持っています。この複雑なシステムにより、ある会社から別の会社に簡単にお金を移動でき、人為的なコストを発生させることで税金を回避できます。

長年にわたり、「陰陽契約」は、「天文学的な報酬」を奨励するだけでなく、一部の映画およびテレビ業界の企業や実務家の間で一般的でした。しかし、脱税やマネーロンダリングの疑いもあり、映画やテレビ業界の健全な発展を妨げるだけでなく、国民経済の秩序にも影響を及ぼしています。

たとえば、アーティストは実際に得られるよりもはるかに高い給与の契約に署名することがよくあります。キックバック契約の一部は、会社がアーティストに高い所得税を支払い、残りのお金を保持することです。映画製作者は、実際に必要または使用するよりも多くの追加料金を公式に必要とされ、支払います。

まず1つ目は、全体を細かく分割し、契約を締結し、巨額の報酬を巧みに「消化」することです。例えば、映画に必要なエキストラは100人だけですが、アカウントには1,000人のエキストラが表示されます。

数ヶ月の撮影の後、コストは非常に高くなります。一部の制作陣には、決して表には現れませんが、高額の給料を受け取る「キャスター」がたくさんいます。これらの人々の中には、特定の監督やスター俳優の親戚や友人がたくさんいます。

撮影中、キャストやクルーのエキストラやその他の俳優は多くの詐欺に遭いやすく、確認が難しい人員や役職はしばしば資金の「流出先」となり、蓄積された大量の「空の給料」になります。それが、最終的にスターの巨額のギャランティになります。

この記事では、この業界でマネーロンダリングがどのように機能するかについての、その他の例について説明しています。
「生成された」現金はその後、大金が稼がれる資本、および不動産市場に逆流します。

チャンジャーハンは、このシステムの一部に属していませんでした。
彼は大資本の支援を受けたことはありませんでした。

彼は自分のプロジェクトを自分で選びたかったのです。量ではなく、質を求めていました。中国エンターテインメントの王子、ゴンジュンとは異なっていました。

ゴンジュンの会社であるHaixiMedia(海西メディア:ゴンジュンの母名義の株式の16%、実質ゴンジュンが保有)は、世界的な大手企業であり、独占企業であるCMCやその他の主要な資本家によって支えられています。彼はシステムの一部です。

最初のステップ、「スターの証券化」

長年にわたり、多くの映画会社やテレビ会社は、上場、合併や買収、増資、株式の拡大のために、舞台・芸術のスターを頻繁に関与させてきました。多くの第一線の芸能人は、資本が後押しするために台本を読んでおらず、やがて映画会社やテレビ会社のボスになりました(…)

「スターの証券化」を通じて、上場映画・テレビ会社は、一流のアーティストと長期的な協力関係を築くだけでなく、「高額映画報酬」を抑制する(※)ための関連部門ができても、さまざまな手段で、中小株主の資金を現金化し、収入の損失を相殺することができます。

※今年、スターの高額報酬が問題になり、上限を設ける法律ができました。

多くの第一線の芸能人は、脚本の研究や演技のスキルの掘り起こしに焦点を当てるのではなく、自分自身の(スターとしての)成長に焦点を合わせています。目的は、彼を中国の映画産業を促進するための国際的なスターにすることです。

チャン・ジャーハンは、山河令での演技で、「2回目の最優秀俳優賞」を獲得することを目的としていました。
残念ながら、結果は計画通りにはなりませんでした。

龔俊は中国の男性俳優のトップ5に入っていませんでしたが、そこに入っていたのはチャン・ジャーハンです。
(GJはトップ20には入っていました)

ゴンジュンは最優秀俳優賞を受賞したことがありませんが、チャン・ジャーハンは受賞しました。
(チャンジャーハンがボイコットされた2021年には、ゴンジュンは受賞すらしませんでした)。

ゴンジュンはほとんどの推薦に名前があがりませんでしたが、チャン・ジャーハンは2021年5月に商業的に最も価値のある有名人の1人にランクされました。

チャン・ジャーハンは、彼の才能とパフォーマンスのおかげで、観客とプロの両方から認められました。
そして、それは業界では、起こり得なかったことのようです。
業界のシステムに入っていないチャンジャーハンが受賞するのは想定外だったという意味)

(チャンジャーハンのように)キックバックとマネーロンダリングのシステムをボイコットできれば、他の人もそれに続くでしょう。この業界の慣習の1つが解放された場合、他の人も同様に試みます。

したがって、この業界のコントロールを維持し、計画どおりに、ゴンジュンのキャリアを推進するために、チャン・ジャーハンは姿を消さなければならなかったようです。

ゴンジュンは最近、中国で最も有名な女優の1人であるヤンミーとの新しいプロジェクトを発表しました。

このシリーズは、海西メディアの元副社長であり、ゴンジュンの親友である趙氏によって制作されます。ちなみに、彼に関する麻薬とセックススキャンダルの噂のために、海西での彼のポストを最近辞任しなければならなかった人です….

現在、ヤン・ミーはゴンジュンの「最優秀賞受賞」のために選ばれたようです。
そして突然、日本の桜の木と彼女の写真がインターネットに登場しました…..

しかし、業界のより多くの人々が、あえて発言する場合にのみ、私たちは悪質な競争と組織犯罪のシステムを破ることができます。記事の著者は「映画およびテレビ業界の健全で急速な発展を促進する」という誓約で彼の記事を締めくくっています。
資本独占者ではなく、芸術と品質が映画市場を再び規制するようにしましょう。

中国政府は、電子産業におけるこのマフィアのようなシステムに反対することを発表しましたが、これまでのところ、それを保護する大きな虎(業界の黒幕)は、それと戦う軍隊よりも強力なようです。

したがって、この業界の悪しきシステムに反対する声をあえて上げる人は誰でも、私たちのサポートに値します。
あなたの声を見つけてください! チャン・ジャーハンの正義を見つけよう!

また、以下をお読みください。

■チャンジャーハンを芸能界から封殺したCAPAと、ゴンジュンの会社が協力関係にある

CAPAと海西(Haixi)は公然と協力し、電子産業の独占性を形成しようしています。2020年12月に、彼らは新しいプラットフォーム「The Artist Management Family」を設立。これは電子業界最大の影響力を持つプラットフォームであり、すべての地域の組合を巻き込むでしょう – 音楽管理、ライブストリーム、しかも税理士や弁護士も参加します。アーティストマネジメントを支援するというアイデアです。

実は、Haixi(海西:Gong Jun’s Management Company)は、アーティストマネジメント会社だけが関与しているので、弁護士、税理士などネットワーク全体が構築されているようです。 だから、海西メディアと王子ゴンジュンは公然と市場を支配する計画です。

李学政の法律チームの弁護士がこの投稿(写真上)で、協会(CAPA)は同盟を結び続けています。モノポリーを作ろうという野望はどれくらい大きい? 興味関心はどのくらい強い? この硬い石はどれくらい持つ?

これは、CAPAと海西(Haixi)は密接につながっており、Haixiが813の事件に関与している必然性があることを私たちの以前の投稿で確認しました。

上の赤枠でかこった会社はゴンジュンの会社。

CPF(カップルファン)に尋ねます、あなたのお父さん=ゴンジュンは海西(Haixi)の16%の㈱を保持しています。
彼は本当に、813について、何も知らなかったのですか???

投稿元リンク先はこちら

チャンジャーハンが陥れられた最大の理由は「業界のシステムに入っていない」から?

とても長い投稿で、しかも、驚く内容も多々含まれていたと思います…ww
一応 簡単に 上で書かれていたポイントをまとめてみます。

チャンジャーハンが計画的に業界追放された理由
業界のキックバック(陰陽)契約とマネーロンダリングシステムに 参加していなかったこと

=つまり、業界の巨額の利益を生み出す仕組みを否定。この仕組みに参加せずに成功する俳優が出ると、この利益を生み出す構造が壊れてしまう。だから、業界から追放するしかない。

もちろん これだけが理由ではないと思われますが、最大の理由は上記だと解釈できます。(´・ω・`)

そう考えると… 多額のお金をつかって、計画的に水軍を動員して、彼を陥れた…と考えると…
なんだかとてもすんなり、この事件の真相を理解できる気がします…。

「お金のためだけに 彼を陥れたのか」と思われたジュンジュンも…(;´д`)トホホ

この仕組みの中に組み込まれたスターだと こう解釈するほうが…
はるかにわかりやすいのが なんとも複雑なところです😢

鍋に油を注ぎ続けてきたのは…?
いま一番矢面にたっているのは ゴンジュンひとり ですが…(;´д`)トホホ

実際に、チャンジャーハン封殺令を出したCAPAや、そのCAPAと協力関係にある会社「海西」(龔俊のお母さんが海西の株式の3分の1を所有)が、「813の計画者」と考える方が自然な気がしてきます…

ちなみに、海西の経営陣のひとり郑斌彪と CAPAの責任者 朱克宁には接点があり。
昨年iQiYiが主催したアーティスト管理会議に出席していると指摘されているのが こちら。

そして 海西のもうひとりの経営者 Zhang Shaogangには CAPAの責任者と同じ大学に通っていた縁があると指摘されています。このあたりは ソロファンの方の投稿からの情報なのでなんともいえませんが、去年から何度もソロファンの投稿ででてきた案件なので こういう説を展開しているグループがあるということだけ 頭のかたすみにでも…(^-^;

※ソロファンの方の指摘投稿 リンク先だけご紹介します >>こちら 

ゴンジュンひとりの話ではなく
業界の競争者=海西・CAPA、そしてCAPAの背後にいる元役人?

こう考えたほうが ゴンジュンひとりが計画者と考えるよリ、はるかにわかりやすいと思うのは 率直な感想です…(^-^;

参考記事:中国芸能界のキャッシュバック&マネーロンダリングの仕組み 

ここからは参考資料です。上の投稿主の方が参照していた記事に、とてつもなく詳しく、中国芸能界の仕組みと問題点が解説されています。とんでもなく長いので 本当に興味のある方だけ お進みください<(_ _)> 

※くどいのですが めちゃくちゃ長い上にカタイです (^-^; 
参照メディアがあったということで 一応おいときます。

「陰陽契約」の背後にある資本操作はどれほどクレイジーですか?
「高額映画報酬」のマネーロンダリングルーチンの解読

2018年、俳優ファンビンビンが「陰陽契約」や「高額報酬」などの税関連の問題で8億8400万元の罰金を科された後、一部のネット市民は最近、俳優のジェンシュアンが「異常に高い報酬で1億6000万元を受け取った」と報告した。彼を正すために「陰契約」を借りた。企業の1億1,200万元の増税は、税回避の疑いがある」と、再び激しい論争を引き起こした。

長年にわたり、「陰陽契約(キャッシュバック契約)」は一部の映画やテレビ業界の企業や実務家の間で一般的であり、「天文学的な報酬」に貢献するだけでなく、脱税やマネーロンダリングなどの疑いもあります。映画やテレビ業界の健全な発展だけでなく、国家の経済秩序にも影響を及ぼしています。社会的価値やその他の側面が悪影響を及ぼしており、取り締まりをさらに強化することが急務です。

01 「陰陽(キャッシュバック)契約」は、映画やテレビ作品の制作を資本の奴隷にします

社会心理学の観点から、業界で不文律である「陰陽契約」が繰り返し禁止されている理由は、一部の映画やテレビの専門家の「標的置換効果」の内面化に起因している。いわゆる「目標変位効果」とは、目標を達成する過程で、「どのように仕事を完了するか」に対する過度の懸念のために、方法、スキル、手順などの問題が徐々に人の心を占めることを意味します。しかし、代わりに、究極の目標の追求は忘れられています。言い換えれば、手段を目的として扱い、「仕事をどのようにやり遂げるか」が「とにかく仕事をやり遂げる」に取って代わるということだ。

映画を例にとると、その究極の目標は、市場の利益を追求するためのツール(手段)ではなく、芸術的な創造(目的)です。映画市場に参入して興行収入を得る目的は、芸術的創造をフィードバックすることです。映画の属性に関しては、キャリアの社会的属性と業界の経済的属性の両方を備えています。

しかし、社会的属性(目的)が最初に来ます。つまり、より良い生活に対する人々の高まるニーズを満たすためであり、経済的属性(手段)が次に来て、原因の持続可能な開発を確実にします。映画製作者にとって、芸術の宮殿に足を踏み入れる本来の意図と夢(目的)は、音を作り出すことです。利益でお金を稼ぐのではなく、広めて保持できるアートクラシック(手段)が究極の目標のためです。

残念ながら、現在、一部の映画やテレビの労働者や企業は、芸術の超実用的な性質をあきらめ、市場の利益追求の性質を盲目的に追いかけ、株式市場や不動産市場に次々と足を踏み入れています)資金は、高額の報酬と不動産開発の支払いに使用され、映画やテレビの作品は、利益を追求するための「現金を稼ぎ出す牛」として使用されます。

さらに、目的となるべき映画やテレビ作品の制作は、株価を押し上げる目的を達成するために、あるいは莫大な利益を上げるために、評価、興行収入、その他の仕掛けを誇大宣伝する手段に変えられます。株式市場を操作する疑いさえあります

映画やテレビの制作自体の「ターゲット置換効果」に焦点を当てるのではなく、「資本で遊んで、土地で推測し、概念を作る」というこの種の逆さまの現象は、映画やテレビの制作が資本の奴隷になることに簡単につながる可能性があります、そして文学と芸術の衝動的なスタイルを促進します。労働者は静けさに焦点を当てた作品の作成の起源に戻ることはできません。

一部の映画やテレビ作品の基準は、「高原」があり「ピーク」がないとは言えず、多くはまだ「海面下」にあります。多数の調査の結果、巨額の利益を得るための「陰陽契約」は氷山の一角に過ぎず、「ターゲット交換」の手段は、主にさまざまなものとして説明できることがわかります。次の主要な「マネーロンダリング」「トリック」に反映されます。

1つ目は、全体を細かく分割し、契約を締結し、巨額の報酬を巧みに「消化」することです。

たとえば、映画には100名のエキストラの追加料金しか必要ありませんが、出演クレジットには1,000の追加エキストラ料金が表示されます。数か月の撮影の後、コストは非常に高くなります。一部の制作陣には、決して現れないが、高額の給料を受け取る「キャストメンバー」がたくさんいます。これらの人々の中には、監督やスター俳優の親戚や友人がたくさんいます。
キャストやクルーのエキストラは、撮影中に多くの詐欺に遭いやすく、確認が難しい人員や役職が資金の「吐き出し口」になり、蓄積された大量の「空の給与」がやがてスターの巨額のギャランティになります。

二つ目は、「資本運用」により、高額な報酬を偽装した形に変えることです。

過去10年間で、多くの上場映画やテレビ会社が、スター俳優が大量の株式を保有するいくつかの中小企業に買収されることは、珍しくありません。これらの「スター企業」は、買収した時点で長い間設立されていないことがよくありますが、その評価は途方もなく高いです。

3つ目は、地方の優遇税政策または文化産業保護政策を使用して税コストを削減することです。

上記の方法は、主に、市場性の高い市販のフィルムの操作で発生します。 しかし、メインテーマの映画やテレビ作品のいくつかの主要なテーマの創造的なプロセスも、プロジェクトの最初から厳しくチェックされ、監督される必要があります。

02 「超高報酬」の裏に隠された深遠な資本運用の裏話

「高額の給料」の背後に隠された深い資本運用の裏話は、高度な警戒に値します。金融業界や資本市場における「レバレッジ解除」の一般的な方向性とは異なり、一部の有名な映画やテレビの上場企業は、小規模および大規模な開発により、過去10年間でレバレッジを高めてきました。

「スター証券化→対象企業の「空洞化」→保証付き発行、株価を押し上げる興行詐欺→自己購入と自己販売、保有量の削減と狂気の現金化の誓約」という暗黙の資本運用ルーチンを通じて、小規模投資家は空洞化しています。

「超高給」を抑えるための措置は大幅に割り引かれ、資本市場で大きな論争を引き起こし、株価を操作して財政秩序を混乱させる疑いさえありました。 資本運用を通じて「高額給与」を実現するための具体的な手順は次のとおりです。

最初のステップは「スターの証券化」です。 長年にわたり、多くの映画会社やテレビ会社は、上場、合併や買収、資本の増加や株式の拡大に舞台芸術のスターを頻繁に関与させてきました。次々と集まって株主になり、上司になり、映画・テレビ業界の「スター株主」の渦を巻き起こし、多くのネット市民が「ゴシップを見たら株を推測できる」と皮肉を込めて言った。

「スター株主」を背景にした新しいサードボードの映画やテレビ会社が集まり、上場します。IPOに切り替えてA株市場に上陸した後、株式抵当、発行などの低コストの資金調達手段を利用できます。債券、および株式の私募です。上場映画・テレビ会社は、「スター証券化」を通じて、一流の芸術家と長期的な協力関係を築くだけでなく、さまざまな手段で中小株主の資金を現金化し、収入の損失を相殺することができます。 「超高額の報酬」を抑制するための関連部門があります。

「スター証券化」の重要なトレンドに伴い、多くの映画やテレビ会社や有名なアーティストが「ファン効果」を使用して市場を誤解させています。株価を上げて富を生み出すことは、上場と資金調達を通じて変革と事業拡大を求めるという当初の意図から逸脱しています。合併や買収、新サードボードへの着陸、IPOなどのいずれであっても、映画やテレビの資産の資本化は、合理的な評価と価格設定に重点を置いていません。

この点に関して、関連する証券規制当局は頻繁に警告を発しています。「スター証券化」は上場企業の運営と財務諸表に重大な影響を及ぼし、投資家を誤解させる可能性があります。

2番目のステップは、「ターゲット企業をシェルアウトする」、つまり「ダブルハイ」のM&A +パフォーマンスベッティング」で、高い資本利益率を押し上げることです。映画やテレビ会社のいくつかのM&A取引を観察したところ、スターは最初にシェル会社(実態のない会社)を設立し、評価を操作し、数日後にバックドアリストを公開したことがわかりました。高額なM&Aにより、市場価値は何百回も急上昇しました。これは、映画やテレビ会社のM&Aにおける最大の秘訣です。

このような略奪型のキャピタルゲームは、映画やテレビ業界で頻繁に発生し、多くの混乱があり、高レバレッジと高評価の「ダブルハイ(2つの利益)」の特徴を示しています。いわゆる高レバレッジとは、一部のペーパーカンパニーが、登録資本金が支払われていないときに上場企業の株式を借りたり、取得したりすることで金融機関に融資を約束することを意味します。

このようにして「空の手袋をした白いオオカミ」が実現します。いわゆる高評価となるのは、上場映画やテレビ会社の中には、10億元以上、さらには数人の高額スターに支配されているものもあります。しかし、純資産がマイナスの新設のペーパーカンパニーです。この慣行は投資家からの広範な疑念を繰り返し引き起こしており、映画やテレビのスターに巨額の利益をもたらし、中小株主がそれを支払う疑いがあると一般に考えられています。

買収対象企業の高収益の約束は謎を隠していることは注目に値します。一部の上場映画やテレビ会社は、投資家を騙す約束のパフォーマンスとして「スター株主」との将来のギャンブル利益を使用することがよくあります。

これらの企業は、取締役会や株主総会などの「法的な」手続きを通じて、対象となる合併買収シェル企業の評価を高め、「スター株主」は高水準でキャッシュアウトし、「天文学的な報酬」を偽装し、そして最後に中小株主に支払わせます。現在、「「ダブルハイ」のM&A +パフォーマンスベッティング」が繰り返し問われていますが、高い資本利益率を高めることを目的としたこの方法は、関連取引や利息の移転などのリスクが高く、悪化につながる可能性があります。

第三のステップは、「保証付き発行」、興行詐欺、「資金参加」などの手段で 株価を押し上げることです。

保証付きリリースは映画市場に新たな活力をもたらしますが、流通市場との連携、「興行収入」、「ゴーストフィールド」、「高額チケット」などのボックスの使用など、多くの新しい問題も発生させます。興行詐欺(虚偽の盗難と隠蔽))とは、上場企業の株価を押し上げること、またはファンドの参加を通じて資本レバレッジを拡大することを意味します。

映画のヒットが特定の上場映画やテレビ会社に1日の制限を課すのは珍しいことではなく、20〜30人の小さな映画やテレビ会社は数億元と評価されることがよくあります。 さらに危険なのは、興行収入の背後にある詐欺は、P2P、クラウドファンディング、収入のサブスクリプション、株価操作、マネーロンダリングなどの金融資本チェーンにおける不適切な取引を伴う可能性が高いことです。

4番目のステップ、クレイジーキャッシュアウト。 実際、多くの映画スターやテレビスターの実際の収入は出演料ではなく、その背後にある資本市場にあります。

買収、バックドア、その他のリンクでのレバレッジを拡大することに加えて、上場映画やテレビ会社の一部の大株主は、自己購入と自己販売、高水準の削減、および株式の誓約を通じて、高レバレッジの資金を大量に獲得しています。株式市場は彼らの本当の「現金自動預け払い機」であると言えます。

自己購入と自己売却を例にとると、資産価値を高めるために恣意的に価格を設定した後、一部の映画・テレビ会社は、「関係者が会社を売却する」という方法で「資本の饗宴」の自己循環を最終的に完了します→上場企業が自ら高値で売買→関係者が現金化または株式取得」。 映画やテレビ会社の中には、ほとんどベンチャーキャピタル企業になっているところもありますが、主な運用方法は、以前に購入した他の資産を高額で上場会社に投入し、投資の評価を実現することです。 この「自己資金調達、自己投資、自己獲得」のモデルは、間違いなく資本市場のレバレッジを増幅し、財政秩序を混乱させます。

例として、高レベルの削減を取り上げます。 上場発表によると、有名な映画やテレビ会社が株式参加、買収、投資などの一連の「魔法の操作」を経た後、株価が急騰し、発行後の株価収益率が非常に高く、「スター株主」は保有量を減らしてキャッシュアウトしました。 たとえば、ファン・ビンビンの「陰陽契約」事件の後、有名な上場映画およびテレビ会社は数十億元を急落させ、引き継いだ多くの「リーク」個人投資家は大砲の飼料になりました。

例として、株式の質権を取り上げます。 多数の財務諸表を分析すると、一部の映画・テレビ上場企業の出資比率が途方もなく高く、一部の企業の大株主の出資比率も比較的高いことがわかります。)、少なくとも50億元誓約することができます。 公約された現金化は低リスクで高利回りである:企業の年間利益がわずか3億元で、100億元の現金を取得することを公約すると、株価が清算されても銀行は爆破されます。 映画・テレビ会社は、M&Aなどによる短期的なプラスの影響を受けて、高い株価を利用してエクイティを約束し、資金調達後に再び合併して勢いをつけ、レバレッジの高い資金調達を形成していると言えます。

現在、規制当局は大株主による質権の使用を厳しく制限し始めていますが、それでも、市場での狂った質権と現金化に対して非常に警戒する必要があります。

以下省略  原文サイトはこちら

※まだまだ 続いているので 興味があるみなさまは原文サイトへ…Google利用で日本語変換可能です。 

チャンジャーハンブランド インスタ更新!

堅い話が続きました…(^-^;
最後は 今日投稿された ハンハンブランドのインスタを♡

深海のプランクトンのように
自発的に燃焼しないなら真っ暗なだけ

海は交響曲のようなものです
夕日に隣接する海岸線、空の貝殻を求めて戦うヤドカリ、夜は暗い色に輝く珊瑚の森
紺色と水色のまばゆいばかりの光の波打ち、生命の賞賛と自然への頌歌を構成します。

パート1
起源-孤独な洞窟

人生は基本的に孤独であり、人々は常に自分の世界に入りこむことで、非常に深くなります。しかし、孤独のために他人とのつながりを断ち切ることはできません。深く掘り下げる必要があります。掘り下げ続ける限り、どこかで他人とつながる、いわゆる「つながりの感覚」です。

この魚はその表情や目が見えず、どの海域に泳いでいるのか、どの仲間を探しているのかわかりません。また、ある海流に深い穴を掘ったり、小刻みに動いたりしているのかもしれません。魚の尾は、それが本物そっくりの欲望と人生であると発表します。

魚の尾は無数の可能性を生み出します。それが海底に突っ込んだ瞬間、反対側の方向を決定します。海の上には太陽がありますが、真っ暗闇の中で、あなたの心が望む海岸を探し、人間の罠を避け、同じ種類の捕獲に注意します。
そしてもちろん、美しいロマンスがあります。
深海シリーズの始まりはこんな感じで、魚は海底に跳ね上がり、ついに向こう岸にたどり着きます。

投稿元リンク先はこちら


書かれてる言葉が チャンサンジャンっぽくて…(^-^;
ハンハンが自分で、文章を書いたんじゃないかなという 気がしてきました…(もちろん私見)

近いうちに 海外販売開始!とかのお知らせが出てくるといいなと願ってます!!


ということで 本日以上です。今日はすごい長い文章で…すいませんww
ここまでご覧くださりありがとうございました(〃▽〃)ポッ


ブログランキングに参加しています!

いつも応援ありがとうございます 下のバナーを押してくださるとランキングに反映されます ぽちりと1回よろしくお願いします(〃▽〃)ポッ

にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村
目次
閉じる