MENU

香港紙が詳細を報道!「チャンジャーハンの訴えを警察が受理、封殺4か月ぶりに転機」

ハンハンの話がついに香港メディアで報道されました♡

香港メディア 星島日報の記事

本国では、ネットで名前の検索さえできない状態のチャンジャーハン(通称ハンハン)。
その状況から考えると 大前進です。

場所は香港。香港メディアの星島日報が、紙面とウエブ。両方で記事を報道!
以下 ウエブ記事の和訳デス。

張哲漢(チャン·ジャーハン)の通報が受理

張哲漢(チャン·ジャーハン)が8月、日本の靖国神社、乃木神社を観光し、南京大虐殺を否定したインドネシアのスカルノ元大統領未亡人デビィ夫人と一緒に撮った写真が公開され、ネットユーザーから親日的な’売国奴’という非難を受け、一夜にして全面封殺された。しかし、4ヵ月ぶりに事件が反転し、警察に通報が受理されれば、虚偽事実の流布者を告訴し、潔白を主張することになる。

中国中央軍事委員会のキム·ドン映像センター長で有名なプロデューサーの李学政氏は24日、微博(ウエイボー)に寄稿した文で、チャン氏が過去数ヵ月間、インターネットからの暴力と世論のために警察に通報しようとしても受け入れられなかったと明らかにした。

「彼は正常な市民が所有していた法的救済ルートを失った」と述べた。しかし、最近、法律専門家の証言と政治法制度の専門家の激励を受け、チャン・ジャーハンへの侮辱は「悪意のある名誉毀損」であると判断された。

李氏によると、関係機関は張氏の北京への出頭を促し、北京市公安局朝陽支局が24日午後、正式に事件を受理した。

「刑事事件の捜査が開始され、民事訴訟もまもなく開始されるだろう」という。写真の中で張哲漢(チャン·ジャーハン)が告訴人になったという内容の申告書が出ており、李学政氏は”この指は張哲漢自身のもので、この指から過去の試練と悔しさを知ることができる”チャンジャーハンを支持して祖国を愛する.と訴えた。

李学政氏がアップした写真

2009年にデビューしたチャン·ジャーハンは今年に入って時代劇’山河令’主演で大ブレイクしたが、半年で’親日侮辱中国’疑惑で全面封殺され、デビュー以来、公演した作品はすべて降板し、’山河令’のビジュアルポスターも2人から1人に変わり、個人の公式微博(ウエイボー)·スタジオ(事務所)微博(ウエイボー)を強制的に閉鎖された。

4カ月ぶりに転機が訪れ、ファンは「ついに正義が訪れる」という反応を見せている。

原文サイトはこちら

香港での話ではあるけれど、今まで報道どころか 名前さえ出せなかったことを思うと 大前進!
まだまだ踏むべきプロセスが多いけれど… 李おじさんが出現するまでの暗闇に比べたらすごい変化です。

来年こそは こんな笑顔が見れるようになってほしい…

毎日、ウエイボーで進捗報告してくれてる李おじさんにも感謝。
また大きな出来事が出てきたら 続報します♡ ここまでご覧くださりありがとうございました(〃▽〃)ポッ

ブログランキングに参加しています!

下のバナーを押してくださるとランキングに反映されます ぽちりと1回よろしくお願いします(〃▽〃)ポッ

にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村
目次
閉じる